カレーを一緒に食べました

先日友達のイタリア人カップルがやってきたので、チキンカレーを作りました。薬味はパプリカとチェリートマトと紫玉ねぎのアチャールと、スライスして塩を振った大根と二十日大根と、レモンを振ったアボガドと、ナスとズッキーニーとカシューナッツのカレー素揚げと、こちらで銀色玉ねぎと呼ばれるラッキョウに似たのと、そしてゴーヤの佃煮。この間和食にゴーヤの佃煮を作ったら、風味がチャトニーに似ていて、これはカレーに合うだろうと思っていたら、案の定、ゴーヤの佃煮が大受けでした。鉢の中のゴーヤの佃煮がほぼ無くなっちゃったほど。日本の佃煮味がイタリア人に受けるとは思ってもみませんでした(笑)皆さんはカレーの薬味に何を使われますか。デザートは写真に撮ってませんけど、チョコレートのプディングにラズベリーをのせたのとブドウ。今度二人が来た時にはピッツァを作る積もりです(笑)


ルクレチア、前回の記事でピアノを演奏していたのは彼女。
まだお若いですが、メディカルエンジニアリングの博士。

e0365654_18085875.jpg


ダニエレ。ワイン通ですから、ワインを開けてもらいました。
彼もメディカルエンジニアリングの博士です。

e0365654_18090391.jpg

[PR]
Commented by blackfacesheep2 at 2017-02-08 19:00
お~、↓のピアノを奏でていたのがこの方なんですか。^^
どことなく日本人にも似ているような、優し気な顔つきなんですね。
それでメディカル・エンジニアリングの博士とは・・・
まさしく才色兼備ですね。^^
ドイツではカリー・ヴルストが人気だそうですが、イタリア人には受けましたか?
説明を読んでいるだけで、カレー好きな私はよだれが出てきますけどね、あはは。^^
Commented by esiko1837 at 2017-02-08 19:41
こんばんは。
ああなんと豪華な食卓!
カレーも超美味しそうですが、副菜の豊かさに目を奪われました。
ゴーヤの佃煮は、友人からたまに貰います。
そちらにもゴーヤがあるのですね。
文に書いてあるメニューと、写真に写っているお料理と、一品一品照らし合わせて見せて頂きました。
とにかく一目瞭然で、sternenliedさんの料理上手なことがわかります。
お友達もとっても嬉しそうですね!
うちでは、昨日の夕食がカレーでした。
子どもたちが出て行ってからは、あまりカレーは作らなくなったのですが、たまに無性に食べたくなって作ります。
うちでは薬味は特に決まったものはありません。
常備している「日光のたまり付けらっきょう」と、あとは何故かカレーと相性の良い自家製のキューリの味噌漬けくらいです。
これにテキトーに野菜サラダを付けておしまいです。
カレーが残ってしまったので、明日は焼きカレーパンを作る予定です。
Commented by pallet-sorairo at 2017-02-08 19:54
素敵なお二人ですね。
ゴーヤの佃煮が国際親善に役立って?
嬉しいです(^^ゞ
Commented by sternenlied2 at 2017-02-08 20:44
黒顔羊さん、うふふ、日本人に似てますか。
スタイルもいいですし、着物を着せたら似合いそうです。
イタリア人らしくジェスチャーが躍動的で、会う時と別れる時に、
満面の笑顔で両腕を広げて寄ってきて、抱きしめて両頬にチュッチュッとしてくれます^^
才能豊かなとってもチャーミングな女性ですよ。
こんなに感受性の高い曲まで作ってるなんて、彼女の新たな面を知りました。
黒顔羊さんはカレー好きなんですね。
欧州の人もインド料理やタイ料理やスパイシーな料理が好きなようですよ。
Commented by yorikomegu at 2017-02-08 20:49
どうしてもテーブルセッティングのメニューが気になります。
食いしん坊ですみません。(人)
しかし、美味しそうです。
そして、ルクレチアさんの笑顔が素敵過ぎます。
ダニエル博士の真剣なコルク開けの仕草がなんともいいですね〜
下の記事からレトロ感なピアノのメロディーが心に沁みまました。映像とマッチしてて何度も聴き入りましたよ。
Commented by sternenlied2 at 2017-02-08 21:03
お姉さん、こんにちは。カレーは副菜によって引き立ちますよね。ゴーヤの佃煮のレシピは↑にコメントを書いてくださってるpallet-sorairoさんから教えてもらったのですが、お姉さんのお友達も作ってらっしゃるのですね。冷凍のゴーヤはアジア系の食品店で売ってますが、解凍すると、フニャッとしててあまり美味しくないのですよ。一軒のインドの食品店だけ週に一度生のゴーヤを入荷するので、欲しい時にはそこで買ってます。

いえいえ、料理にはあまり自信が無いのですよ。でもお姉さんに褒めていただいてうれしく思います。実は先週の木曜日に台所の排水口が急に詰まり、修理してくれる業者も昨日の火曜日にしか来れないということで、土曜日にお客さんが来るのにと、ちょっと困ってたのですが、詰まっていても、ちょろちょろと流れてはくれるので、非常に面倒でしたが、頑張って作りました。

お姉さんのところでもカレーだったのですね。市販のカレールーを使わずにインドの調理法で作る時もありますが、日本のカレールーを使ったカレーも時々食べたくなります。ベルリンの日本食品店で買うゴールデンカレーを使うのですが、隠し味に擦った生姜と人参とりんご、それに砂糖少々とケチャップ少々を加えます。この時もゴールデンカレーを使いました。カレーの薬味には福神漬けやラッキョウに限らず、色々美味しいものがありますね。キューリの味噌漬けも美味しそうです♪ 残りでカレーパンを作られるのですね。私は翌日残りでカレーピラフを作りました^^
Commented by sternenlied2 at 2017-02-08 21:08
pallet-sorairoさん、美人美男のお似合いのカップルです。
二人とも気立てもとてもいいですし。
本当に美味しいレシピを教えてくださってありがとうございます。
欧州で佃煮屋ができれば流行るかも(笑)
Commented by sternenlied2 at 2017-02-08 21:21
yorikoさん、以前数年間ほどインドのヨガの先生を自宅に招いて、
ヨガセミナーを催してたことがありましたので、インド料理は割と慣れてます。
今回は日本風のカレーライスですが^^
ルクレチアはいつも笑顔を絶やさない人で、その笑顔もナチュラルで快いですね。
両親がフラワーパワーの世代だったらしく、オープンマインドで育ってるのでしょうね。
そうなんですよ、うふふ、ダニエレの笑顔もフレンドリーですが、
ワインとなると真剣になるのです(笑)
私にもルクレチアの音楽はとても気に入りましたが、
yorikoさんにも気に入ってもらえて嬉しいです。
気に入ってる曲がたくさんありますので、またいつか
折に触れ紹介したいと思います。映像も素敵ですよね。
by sternenlied2 | 2017-02-08 16:00 | 暮らし | Comments(8)

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2