イタリアンな週末

先週末の土曜日マイルドな天気になって、車で町中の湖畔へと向かう途中で信号待ちになった時にふと窓の外を見ると、ギャラリーのショーウィンドーに飾られた絵が目に留まったのですよ。その絵は淡い緑のグラデーションだけで描かれた絵で、今まさに萌え出でようとしている春の始まりが感じられそうな情景に見えて、運転席に座ってる夫にあの絵良いわと言うと、夫もその絵が気に入ったようで、丁度近くにタイミング良く駐車スペースが空いていたので、夫はそこに車を滑り込ませ、そのギャラリーに向かったのでした。そのギャラリーには木製のユニークな手作りの家具なんかも置いてあって、車で横を通る度に気になっていたのですが、大きめの道路に面しているので、近くに駐車できる場所を見つけるのが難しくてなかなか入る機会が無かったのですよ。

でもショーウィンドーに飾ってる絵を側で見るとそれほどでもなかったのですが、一応ギャラリーの中に入ってみることにしました。店内には愛想のいい男性が2人いて、サラミやチーズをカットして何やら準備中、聞いてみると、イタリアのサルデーニャ島の旅行記を書いた著者が午後3時にそこで朗読会をするそうで、その準備をしているのだとか。サルデーニャ島のワインや食品も売っていて、店内を見てまわった後でワイン数本買ってきました。店内の男性は2人ともサルデーニャ島のファンのようで、店主は4年間サルデーニャ島に暮らしていたこともあったのだとか。実は今度の休暇旅行にはサルデーニャ島に行ってみたいなと関心を寄せていた矢先だったので、このシンクロに驚いてしまいました^^ 店の男性たちはとてもフレンドリーで色々旅のアドバイスをしてくれました。ギャラリーなのに、旅の話になるとはね。

e0365654_00220938.jpg


サルデーニャのワイナリー、アルジオラス社のコスタモリーノの白はもう早速飲んでみましたよ。土曜日に七面鳥のロール焼きを作ったのですが、その料理にバッチリ合って美味でした♪ やはり店のワイン通の人に薦められたワインは絶品です。季節外れのボトルキャップですが、しっかり閉めてくれてこれが気に入っています^^ と言うか、日頃たくさんワインを飲むわけでは無いので、これしか無いのですよ(^_^;)

e0365654_00221387.jpg

日曜日は、先月アップした記事に写真を載せているイタリア人の友達のルクレチアのお母さんがイタリアからやってきていると言うので、皆で一緒にレストランに食事に行き3時間かけてゆっくり食べながら、陽気なイタリアの家族の中で和やかに楽しいひと時を一緒に過ごしました。先程ルクレチアからメールが届いてましたが、イタリアとドイツと日本の大きな家族みたいと書いてました。食事したレストランはもちろんイタリアン!(笑)友達お薦めのレストランで、これまた気さくでフレンドリーなコックでもあるシチリア人の店主がやってる店で、イタリアのオリジナルな料理が食べられるのですよ。これまでも何度もイタリア人の友達と食べに行っています。

お母さんと一緒のルクレチア、とっても仲が良くて幸せそう。
お母さんは初めて会ったように思われないほど、
直ぐに打ち解けられるような素敵なセニューラでした。

e0365654_18013900.jpg


ダニエレのTシャツが粋で撮らせてもらいました(笑)ダニエレもルクレチアもドイツに来る前はイギリスに住んでたので、そこでゲットしたのでしょう。ダニエレは色々と洒落たTシャツを持っていて、会う度に今日はどんなTシャツを着ているのか楽しませてもらっています^^ それにしても2人ともジャケットの下は半袖を着てるんですよね。私はタートルネックのセーターを着ていました(^_^;) 気温は15度程でしたが、陰ったり風が吹くと寒くなるのですよね。

e0365654_18011423.jpg

前菜はイタリアの伝統的なアンティパストの盛り合わせ。

e0365654_18022291.jpg

前菜には他にもトマトとモッツァレラのカプレーゼや薄切り牛肉のマリネのようなもの。肉が薄いピンク色だったので、七面鳥かと思っていたら、店の人に聞くと特別な調理法でそんな色になってるけど、牛肉だと言っていました。前菜は皆で分け合って食べました。

e0365654_18025032.jpg

私が注文したメイン料理はこれ。もう長年ステーキを食べてませんが、この日は久しぶりにステーキを注文しました。ローズマリーとペペロー二(唐辛子)とニンニクで焼いてると言うようなことがメニューに書かれてましたが、出てきたステーキにはスライスされたニンニクやペペローニがどっさり!でもニンニクのきつい味はしませんでしたよ。ソースにはバルサミコも味付けに使われてるようでした。なかなか美味しかったですよ。

e0365654_18073649.jpg

この日は朝食も抜いたし食欲があって(笑)、
デザートに色々なデザートの盛り合わせを注文したのですよ。
ちまちまと少量づつ盛られてるのかと思いきや、てんこ盛り!
ティラミス、ベリーソース添えパンナコッタ、チョコレートアイスのタルトゥフォ、
1つ1つ美味しかったですが、夫にも助っ人を頼みました。


e0365654_18074559.jpg

ダニエレはいつもデザートにカッサータアイスを注文します。夫もカッサータアイスを注文してました。ルクレチアはお腹一杯でメイン料理のウサギのラグーソースのタリアテッレも半分ほど残して、ダニエレに食べてもらってましたから、デザート無し。彼女のお母さんも満腹状態でデザート無し。

e0365654_18032228.jpg

食事の後は風車のある庭園や、ブナの大樹が立っている庭園や、
いつも行く風景式庭園を案内して、夕暮れ時まで一緒にお散歩。
先にアップした春の萌しの情景も一緒に散歩しいた時に撮ったのです。
ルクレチアのお母さんも庭園が気に入っていたようで嬉しいです。
ちなみにルクレチアのお母さんは、イタリア語ですが、俳句を書かれるのですよ^^
いつかもっと暖かい季節に再会することを約束して名残惜しくお別れしました。

e0365654_18045816.jpg

[PR]
Commented by iwamoto at 2017-03-07 06:01 x
これは、先日の旅行の後のことですよね。
であれば、また島に行く予定ということでしょうか。

食事の内容は、日本でもお馴染みです。 家庭で作る奥様も多いでしょう。
もちろん、気さくなレストランでも食べられそうなもの。
最後から2枚目の、ダニエレさん前にあるのがカッサータ?
で、一番気に入った写真は最後のです。
お母様ってお幾つくらいなのでしょうね。
Commented by London Caller at 2017-03-07 07:15 x
サルデーニャ島に行きたくなりましたね〜
いいですね、家族の団らんは。
イギリスといえば、やっぱりブルドッグですね。
日本なら柴犬です。
ドイツはどんな代表ですか?
シェパードかな?
ドイツ原産の犬、実は多いんですね。^^

ラブラドール・レトリバーはイギリスでは人気No1の犬なのですよ。ドイツも同じですか?私はヘアレスのチャイニーズ・クレステッド・ドッグが好きです〜あはは!
Commented by small-talk at 2017-03-07 07:41
僕もそうですが、日本人ってイタリア料理が好きですよね。
やはり、海産物が好きなのですかね。
それにしても、美味しそう!
Commented by sternenlied2 at 2017-03-07 14:56
iwamotoさん、夏になる前に行きたいと思っているのですが、
今のところあれこれとどこがいいか楽しみながら行き先は思案中でございます。
島に限りませんが、サルデーニャ島はもうずっと前から
行きたいと思っていた島なんですよ。

ここのレストランではイタリアの家庭料理っていう感じで、そこがいいのですよ。
ここはイタリア人の友達もリラックスできるようです。
そうです、ダニエレの前にあるのがカッサータです。
ルクレチアの両親は団塊の世代で、フラワージェネレーションでもあったそうです^^
お父さんは若かりし頃は色々デモにも参加していたそうです(笑)
Commented by sternenlied2 at 2017-03-07 15:18
London Callerさんもサルデーニャ島に行きたいですかあ♪
サルデーニャ島ってファンになる程好きになるっていう人が多いみたいですよね。
イタリアにいるわけでもないのに、しばしイタリア人の
家族の団欒の中で楽しい時を過ごしました。

イギリスといえばブルドッグですか?!(笑)
子供の頃よく漫画やアニメに、意地悪なキャラが連れてる
怖い存在としてブルドッグが出てきたものですけど、
実際のブルドッグって見たことがないですね。
イギリスにはたくさんいるのですね。
ドイツには色んな犬がいて、どれが代表になるのかちと分かりませんけど、
飼い犬にも流行が見られるようですね。
以前はシェパードやコリーやボクサーやドーベルマンがメインでしたけど、
新世紀になる頃からこの種の犬はなぜかあまり見かけなくなりましたね。
やはりラブラドールもゴールデンもレトリバーが多いかしら。
レトリバーはこちらでも人気があります。私もレトリバーが好きです。
階下に住んでる大家さんが以前ラブラドール・レトリバーを飼っていて、
旅行中世話をしてました。
チャイニーズ・クレステッド・ドッグはこちらでは見たことないです。
Commented by giovannibandw at 2017-03-07 15:21
友達との会話は主に英語でするのでしょうか。
この季節に半袖を着てアイスクリームは想像できません。
やはり欧米人は寒さに強い人が多いのは本当ですね。
科学的根拠もあるようなので事実でしょう。

Commented by sternenlied2 at 2017-03-07 15:23
small-talkさんもイタリア料理がお好きなのですね。
夫も含めてドイツ人もそうですよ。
イタリアのレストランがたくさんあります。
インターナショナルに味覚が合うのでしょうね。
日本にあるイタリアのレストランの質もいいですよね。
Commented by sternenlied2 at 2017-03-07 15:34
Lucianさん、イタリアの友達とは主に英語で会話しています。
お母さんはイタリア語しかできないので、ルクレチアが
通訳してました。私もイタリア語が習いたくなってきましたね。
イタリア語のサウンドって好きです。
あはは、そういえば、半袖でアイスクリームですよね。
中は暖かかったですけど、それでもね^^
ドイツ人でもそうですが、こちらの人って厚着を嫌うようで、
少しでも気温が上がると、待ってましたとばかり薄着したくなるようです。
南欧に旅行に行っても肌寒いのにTシャツ短パン姿のツーリストをたくさん見かけます。
でも二通りいるのですよね、寒くても薄着する人がいるかと思えば、
寒がりもいますし。夫は寒がりの内に入っています(笑)
欧米人が寒さに強いのには科学的根拠もあるのですね^^
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-03-07 16:32
楽しそうな、とっても雰囲気いいお食事会でしたね。
仲の良い人たちとの食事は会話もはずみ、時間が経つのも忘れるくらい
いいものですね。

BS放送で好きな番組の一つに「小さな村の物語・イタリア編」があります。
イタリア中の小さな村に住む様々な家族の物語です。
毎回2、3家族が登場します。
サルデーニア等やシチリア島もよくでてきますよ。

イタリアには憧れます。
主なところは行きましたがあとは小さな町や村に行ってみたいなぁと。
その時はラベンナは外せませんね。きっと。
辻邦生の「美しい夏の行方」は愛読書です。
文庫本(中公文庫)ですがボロボロになっています。

サルデーニア島旅行記、期待していますよ♪
Commented by paoまま at 2017-03-07 17:10 x
こんにちは、随分ご無沙汰してしまいました。
2月はネットをのぞく気も起きずにいたら、なんやかんやであっという間に過ぎてしまいました(汗)

「久々じゃわ~♪」
と、見たら美味しそうなイタリアンがてんこ盛りでいきなり楽しくなりました。
やっぱり星歌さんのもんじゃねぇ、と一人ニマニマしています。
ざっとアムゼル3号を点検したところ、読んでない記事が
「莫大あるわぁ」
あわわわ~!これを大変だぁ、と見るか、楽しみが沢山あるぞぅ、と見るか。
ウフフ♪楽しみにボチボチ読ませて貰いましょうて。
チラっと見ただけですが、長編の旅行記もあるし、こりゃあ追いつくのがなかなか大変そうですゾ。

イタリア料理は美味しい記憶しかありません。
と言っても私は2回しかイタリアには行った事がないのですが(笑)
ニンニクたっぷりのステーキが良いなぁ、私はニンニクが大好きなんですよ。
食べた後の匂いを気にされる人も多いですが、そちらではそういうのを気にしますか?
ドルチェは凄いボリュームですね、これってお一人様分なんじゃろうか、と思ってしまいました。

それにしても半袖ですか・・・、彼らはぬくい性なんかね?私らより体温が高いんじゃろうか(笑)
今左足が微妙にしもやけ一歩手前です。
なんで大人になってからしもやけになるようになったんじゃろう(ブツブツ)
Commented by sternenlied2 at 2017-03-07 17:17
PochiPochiさん、あんなに長い時間をかけてゆったりと食事していたのですが、
打ち解けて楽しく会話していたので時間はあっという間に過ぎてました。
後の散歩の時間が少なくなって、直ぐに夕暮れ時が迫ってきたほどでした。

BS放送の旅行番組でサルデーニャ島やシチリア島もよく紹介されるのですね。
シチリア島も行ってみたいですね。
私がサルデーニャ島に関心を持ったのもこちらのテレビの旅行番組を通してですよ。
もう大分前に見たのですけれど。自然風景も美しいですが、
先住民の神秘的な遺跡なんかもたくさん残っていて、
行ってみたいところがたくさんありますね。

イタリアは魅力的ですよね。イタリア人は国内旅行することが多くて、
国外にヴァカンスを過ごしに行くことはあまりないようですが、
自国に素敵な場所がたくさんありますので分かるような気がします。
ラヴェンナはほんの短い時間だけでしたが、行ったことがありますよ。
20年程前になりますが、一人で5日間のバスのイタリア周遊旅行に
参加したことがあって、その時に寄りました。
見たのは、あの有名なモザイクがある教会だけでしたが、とっても印象的でした。
ニュールンベルクの会社で勤めていた時に同僚が毎年ラヴェンナの近くの土地に
ヴァカンスを過ごしに行く人がいて、よくラヴェンナの素晴らしさを語ってました。
サルデーニャ島に行くかどうかまだ分かりませんが、行ければいいですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-03-07 17:23
うんうん、食はイタリアに限ります。
やっぱりマンジャーレ、カンターレ、アモーレの国ですからねえ♪
フレンチほど気取っていないので、日本でもとても人気がありますよね。
それにしても、欧米人って寒さには強いですよね。
今朝のレッスンの際も、私はタートルネックのセーターにツイードジャケットだったのに、生徒は薄着でした。
3人とも全員ドレスシャツ一枚でしたもん。^^;
その代わりに、夏になると死んでますね。
愛知県の夏は蒸し暑いことで定評がありますからねえ。^^;
Commented by sternenlied2 at 2017-03-07 17:52
paoままさん、お久しぶりでございます。
身内が病気になると看病にも忙しいですし、色々と心配することが多くて、
ネットなんか見る余裕は無いというのはよく分かります。
paoままさんと同じような状況に立たされたら、皆が皆同じ心境になると思います。
でもようやくネットが見れるようになれるまでに落ち着いてきたようで何よりです。
いつもピチピチと元気の良いpaoままさんがシュンとなると心配してしまいます。
またpaoままさんがカープのように元気よく跳ねられるような
安心できる状態へと、快方へと向かわれることを願ってます。

拙ブログの記事は気の向くまま関心の引かれる記事だけでも
のんびり見てくださいませ。また次回から旅行記を続けます。
旅行記は自分の旅の記録でもあるので、長編になってしまうのですよね(^_^;)

paoままさんは2度イタリアにも行かれたことがあるのですね。
ドイツからは近いですが、私も行ったのは2度ですよ。
1度目は上のPochiPochiさんへのレスにも書きましたが、
一人で5日間のバスのイタリア周遊旅行をしたことがあって、
あちらこちらの見所を巡りました。
2度目は周遊旅行で特に気に入ったフィレンツェとアッシジを
夫と一緒に旅行しました。どれもこれも楽しい印象ばかりでしたね。

ニンニクをきかせたステーキって美味しいですよね。
日本にもあるのでしょうけど、こちらではよくステーキに
ニンニクやハーブ風味の一片のバターが添えられますね。
ニンニクの匂いを気にする人は多いですが、この料理では
バルサミコがきいていたのか、ニンニクの匂いがしてきませんでした。
このドルチェの盛り合わせが登場した時はイタリア人たちも目を丸くしてました(笑)

寒さが平気な人っていますよね。寒い冬でも、ミニスカートで
タイツのようなレギングを履いた女性もたくさん見かけますし。
あら、まあ、しもやけですか。やっかいですよね。
日本にいた頃は毎年のようにしもやけになってましたが、
ドイツに住むようになってから何故かしもやけになったことがないです。
こちらの方が冬は気温がグーンと下がりますのにね。
室内が満遍なく暖かいからでしょうか。




Commented by sternenlied2 at 2017-03-07 18:09
黒顔羊さん、カンターレ、アモーレは分かりましたが、
マンジャーレという言葉は初めて聞きました。食事という意味なのですね。
イタリアの人生訓にアモーレ・カンターレ・マンジャーレがあるのですね。
今度イタリアの友達に会う時にこの言葉を言ってみようっと^^
二人とも笑うのに違いありません。
イタリアはドルチェ・ヴィータの国でもありますよね。

そうそう、イタリアンはフレンチほど気取っていないので、
ドイツでもそうですし、世界中で人気があるようですね。
ちなみにドイツ人とイタリア人はコントラストをなしてますが、
ドイツ人ってイタリア好きが多いですよ。

あはは、黒顔羊さんの教室でも生徒さんは薄着なんですね。
暑さに弱いんでしょうね。ドイツの暑さなんて日本のと比べたら、
大したことないのですが、それでもまいってる人はたくさんいますものね。
私ももう長年ドイツに住んでますから、ドイツの夏の暑さでも
まいるようになりましたが(^_^;)

by sternenlied2 | 2017-03-07 01:12 | 暮らし | Comments(14)

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2