モンテへ向かう

フンシャルの北方800m程の高さの山にモンテという村があって、モンテには島の守護聖人である聖母が祀られている教会が建っています。モンテの高台からはフンシャルの入り江や町を一望でき素晴らしい景観を楽しめます。そしてマデイラ名物の籠ソリのトボガン下りもモンテがスタート地点なんですよ。

モンテには何度も上りました。大抵は一番スムーズに行けるロープウェイを利用しましたが、2度バスで行ったことがあるのですよ。1度目はフンシャルの市街地を巡って港へと向かう途中で見かけたバス停に丁度モンテ行きのバスが停まっていたので乗り込んだのでした。25分程で到着しましたが、途中の蛇行する山道は狭く、2台車が並んでいると幅はスレスレで、しかも窓の外を見ると、下の地面には申し訳程度に低い低い柵のようなものがありましたが、その直ぐ脇は崖になっていて冷や汗ものでした。カーブ直前で向かい側からバスが下りてきた時はバスは少し後退しなければならず、後方の道は崖へとギリギリのはずでした(汗)バスの運転手はしょっちゅう同じ道を往復し慣れてるのでしょうけど。マデイラ島に限らずギリシャやスペインの島でも狭い山道を通るバスに乗ったことが何度もありましたが、これは不可能だと思えるような道でも通り抜けて行く運転手達の凄腕には感服しますね。

2度目にモンテ行きのバスに乗ったのはホテルの近くの停留所からでした。そこから行くバスは違うルートでモンテに向かいます。気楽に乗ったものの、そのバスは大回りして行くバスだと気づいたのは後の祭りでした。山を上ってモンテへの分岐道に近づいたかと思ったらそこを通り過ぎてフンシャルの町まで下って行くのですよね。そしてまた上ったと思ったらまた下るを繰り返し、これはモンテに向かうのだろうかと不安になって2度運転手に聞きましたよ(笑)結局50分程かけてモンテにたどり着きました。これに懲りて、ちょっと料金は高くつきますが、それからはモンテへとロープウェイを利用しました。

バスの中

e0365654_15211292.jpg

バスを降りてモンテの教会へと向かうところ。
向こう側に見えている所にバスの停留所があります。
小さく見えてるバスに乗ってきたのですが、下って行くところです。

e0365654_15215094.jpg

途中でお土産屋さんがありました。

e0365654_15243165.jpg

途中で見かけた小さなチャペル。

e0365654_15243907.jpg

Capela do Largo da Fonte
泉広場のチャペルというような名前がついているようです。
何か謂れのある泉なんでしょうが、検索してみても、
ポルトガル語の説明しか見つからないので分かりません。
ルルドの泉に似たような伝説があるのかしら。

e0365654_15244483.jpg

聖母マリアの絵も飾られ、泉の水が流れ出る水道もあります。

e0365654_15250588.jpg


e0365654_15251348.jpg

モンテの教会へとえっちらおっちらと階段を上って行きます。
この舗装の仕方は数百年前からあるマデイラの伝統なのですよ。
今でもこれ専門の職人さんがいるのです。

e0365654_15364581.jpg

教会は鼻の先です。
ここからの眺めもいいのです。

e0365654_15323458.jpg

更に上ると、教会へのラストの階段が待っています。
ここで記念撮影する人は多いです。

e0365654_15325091.jpg

ここの脇に亡命でフンシャルやモンテで暮らしていたオーストリアの最後の皇帝カール1世の像が立っていました。彼は1921年にマデイラ島に亡命していましたが、翌年35歳の若さで早逝され、モンテの教会にカール1世が永眠している棺が安置されてます。他にもロシアといい、中国といい、ラストエンペラーというのは悲劇的ですね。3人とも皇帝という重荷を受けとめるのには線が細いようで、穏やかそうな似たようなタイプというところも切ないですね。カール1世は島民にも慕われるような優しい性格で信仰に篤い人だったらしく、2003年には時の教皇ヨハネパウロ2世によって列福(カトリック教会において徳と聖性が認められ聖人に次ぐ福者の地位に上げられること)されてますね。20世紀の国家元首として福者に認定された最初の人物だったそうです。でも亡骸のオーストリアへの帰還は許されていないのですよね。

e0365654_15325895.jpg

ここの高台からの町並みの眺め、なんだか見覚えがあったのですよね。
マデイラ島に行く数ヶ月前に夢の中で見たような覚えがありました。

e0365654_15330842.jpg

階段を上ってきて疲れたのでしょうか(笑)
いや、モンテの教会の下、高台の風が心地良くて、
青空を眺めながら味わっていたのでしょうね。

e0365654_15331593.jpg

[PR]
Commented by London Caller at 2017-03-09 05:55 x
>マデイラ名物の籠ソリ

初めて聞きました。
ネットでちょっと調べて、わあ〜おもしろいですね!
ほんとうに籠のソリですね!
ヨーロッパ人は2人だけ乗れますが、
アジア人は3人で大丈夫かな〜

>その直ぐ脇は崖になっていて冷や汗ものでした

ニースからモンテカルロまでのバスもこんなように怖いですよ。でも海が美しいです〜^^;

>ポルトガル語の説明しか

英語もありませんでしたか?たしかに不便でしたね。

>泉の水が流れ出る水道

きれい水ですね。そのまま飲んでもOKですか?^^

>ブーゲンビリア...インドでもよく見られる花でしたよ。

インドには行ったことがありませんよ。
インドでトイレはちょっと探しにくいことを聞いたことがあります。
ホテルを出る前、トイレに行くのは必要ですね。^^;
そして、あまり水をたくさん飲んだほうがいいと思います。こんの体験、ありますか?

>スペインのマヨルカ島に行った時にマレーシアのレストラン

なんか不思議ですね〜
こんな小さい島にはマレーシアのレストランもあるんですか?
はい、リンクを拝見しました。
福建語で「咖啡店」はkopitiamといいます。もちろん店にはコーヒーだけ売っていません。
日本の喫茶店と同じかもしれません。
本場マレーシアのクレイポットチキンライスもっともっとおいしいですよ。塩漬けの魚も中国風の腸詰も入れてありますから。

きょうちょっと話が長くなってごめん〜^^;
Commented by small-talk at 2017-03-09 08:11
やはり、海の景色が雄大ですね。
暖かい南の島でしょうから、坂を登れば暑くなるでしょう。
冷たいのをテルモスにいれて、コーヒーブレークしたいな。
Commented by sternenlied2 at 2017-03-09 14:09
London Callerさん、まだ朝の早い時間で外は暗いですが、アムゼル(Blackbird)が陽気に活発にさえずっています♪ イギリスでもアムゼルの歌声が聞こえてくるようになりましたか。Cat StevensのMornig has brokenが聞きたくなってきましたね。

籠ソリ、面白いでしょ。次の次の記事に詳しくアップしますよ。あはは、ヨーロッパ人は2人でアジア人は3人ですか。3人までの値段が書いてありました。

ニースからモンテカルロまでのバスも絶壁の道で怖かったですか。カナリア諸島のテネリファ島に行った時に車をレントして、マスカというペルーに似た景色の山村を訪れたのですが、そこへと向かう道が怖かったですね。道が狭いばかりか急な坂になっていて。観光バスも通っていたのには驚きました。こういう狭い道です↓

http://lichtblume.exblog.jp/24457273/

写真には写ってませんが、もっと急な坂道がずっと続いていたのですよ。

チャペルの泉の水は飲めるのかどうか説明を読んでませんでした。どうなんでしょうね。イギリスにもルルドのように聖母が現れたとか、聖なる泉が湧き出たとか、そんな伝説はあるのでしょうか?

インドには2度行きました。個人旅行ではなくて、お世話になっていたヨガの先生に同行していたので、彼のインド人の弟子たちが案内してくれたり、食事も家で食べさせてもらったりしたのですが、それでも1冊の本になるくらい大冒険でしたね!インドに個人旅行する勇気なんて無いです(笑)やはりトイレが心配になりますか?(笑)うん、難しいですよ。経済状態が優秀になってる現代では改善されたのかどうか知りませんが、私たちが訪れた80年代には、食べ物や飲み物には十分注意が必要でした。インド人のヨガの先生が弟子たちの家で食事できるように手配してくれて、外の食堂で食べるなと言われてました。でもやっぱり外の食堂で食べざるおえない時があって、そんな時には具合が悪くなりましたね。水もペットボトル入りのミネラルウォーターを買ってましたが、目の前で割ってストローを挿し込んでくれるヤシのジュースの方が安全だと聞いていたので、飲んでいたのですよ^^ 美味しかったですしね。

(続きます)
Commented by sternenlied2 at 2017-03-09 14:12
ドイツでもタイやヴェトナムのレストランはたくさんありますが、マレーシアのレストランは見かけたことがないですね。本場のクレイポットチキンライスはもっともっと美味しいでしょうねえ! 本場のを食べてみたいものです。このマヨルカのレストランのは量が少なかったし、値段が高かったのですよ〜T_T 東南アジアによく旅行していた日本人の友達が言ってましたが、クレイポットチキンライスの屋台もあるそうですよね。日本人のツーリストは生卵を混ぜたがって生卵も注文するのですが、屋台のおばちゃんはそれを見て顔をしかめると言ってました(笑)あ、 London Callerさんが先日アップしていたヴェトナム料理があまりにも美味しそうだったので、今度の土曜日にヴェトナム料理を食べに行く積りです♪ オールドタウンでよく前を通っていた小さなレストランで、初めて入ってみるのですが。。美味しければいいですけどね。

いえいえ、コメントが長くてもいいですよ。London Callerさんとおしゃべりしてると楽しいですから♪ ここのコメント欄では1024文字という文字数制限がありますから、もし文字数が過剰だというような表示が出た場合には、2度に分けて書いてくださいまし。こんな風に(笑)
Commented by sternenlied2 at 2017-03-09 14:20
small-talkさん、ここからの海の眺めは素晴らしかったですね。
このモンテから下方に見えている港へとロープウェイが行くのですが、
感激するほど素晴らしい眺めで楽しかったですよ♪
フンシャルの町から約8km離れているそうです。
脚力があれば徒歩で登っても行けるでしょうね。
ラストの写真で伸びてる人はずっと歩いてきたのかしら^^
籠ソリのトボガン下りは途中までしか下りてくれませんから、
20分ほど歩いて坂を下りはしましたけどね^^
Commented by iwamoto at 2017-03-09 15:46 x
この階段、どうして崩れないのでしょうね。
初めて見ましたが、囲いも無いのに、どうなっているのでしょう。
伝統工法ということですが、守ってゆけると良いですね。
どこにも、その地の知恵が育んだ宝があるものです。
Commented by sternenlied2 at 2017-03-09 16:15
iwamotoさん、このような石を並べて行く舗装の作業は全て手作業です。
職人はぺちゃんと独特の座り方で地面に座って、手で石を並べてゆき、
ハンマーと短い杭のようなものを使って埋め込んで行くようでした。
別の町を訪れた時に丁度舗装の補修を行なっている職人さんを
見かけたので写真に撮りましたよ。いつかアップしますね。
この舗装技術は今でも保存されているようで、あちらこちらで
補修作業を行なってる職人さんも見かけました。
各民族の伝統的な工法やそれを受け継いでいる職人さんには私も敬意を感じますね。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-03-09 20:06
謂れのありそうなチャペルですね。
マリア様が描かれているのがとってもラテンっぽいです。
ロウソクもフルレングスのモノが並んでいるんですね。
それにしても、階段の積み方・・・面白いですね。
どうしてこんな形になったのか、興味津々です。
Commented by sternenlied2 at 2017-03-09 20:49
黒顔羊さん、ポルトガル本土のファティマの聖母とか、
南仏のルルドの聖母とか、ヨーロッパにはよく聖母が
無垢な子供の前に現れたというような伝説が多いですよね。
ドイツ南部のニュールンベルクからそんなに離れていない
村にも似通った伝説がありますし、このモンテにもあるのですよ。
この泉はその伝説と関係しているのかどうか知りませんが。
このチャペル、雰囲気がありました。
黒顔羊さんも撮りたくなるだろうと思います。

マデイラ島のあちらこちらでこういう石の舗装を見かけましたが、
先日アップした植物園だったか、雨に濡れると割と滑り易いんですよね(^_^;)
ポルトガル本土にもこういう舗装ってあるのかしら。
マカオには無かったですか?^^
Commented by giovannibandw at 2017-03-09 21:44
この泉には特に伝説はないようですね。
古式の噴水式公共水飲み器として屋根つきで造られたのが1890年で、それに栗の木が倒れて壊れたのが1896年。
聖母の泉として大理石で建てられたのが1897年と謳われているそうですが、そうなんですか?
Commented by sternenlied2 at 2017-03-09 22:18
Lucianさん、よく調べてこられましたね。ガイドブックにもこの泉は載ってませんし、
マデイラのホテルの近くの店で買った写真集にこの泉の写真が
1つ載っていて名前が書かれているだけでした。
ポルトガル語の泉の名前で検索しても、説明は出てきませんでしたし。
後でアップするモンテの教会は巡礼地で、毎年8月15日に
この教会に祀られている聖母の為の大きな祭りが催されるそうですから、
それに因んで、ここの泉も聖母の泉としたのでしょうかね。
Commented by giovannibandw at 2017-03-09 22:57
"Capela do Largo da Fonte"でググるとでてきます。
説明があるのは一つだけで、ポルトガル語でした。
 
http://www.cm-funchal.pt/index.php?option=com_content&view=article&id=118%3Alargo-da-fonte&catid=65&Itemid=186
Commented by sternenlied2 at 2017-03-09 23:19
Lucianさん、ありがとうございます。
ドイツ語版のヤフーでCapela do Largo da Fonteで
ヤフったのですけど(笑)、
このサイトは出てきませんでした。
この泉に関する情報はこれだけのようですね。
by sternenlied2 | 2017-03-09 00:52 | 旅(国外) | Comments(13)

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2