店が開いていた日曜日

日曜日に店が開いているなんて稼ぎ時なんだから当たり前だろうと思われるかもしれませんが、ヨーロッパでは日曜、祭日に店が閉まっている国が多いです。ドイツにも閉店法という法律があって、日曜、祭日には通常店は閉まっています。色々理由があるのですが、1つは日曜日はキリスト教で安息日とされているからです。閉店法を緩和しようじゃないかという動きに教会は頑固に反対してきました。2つ目の理由は労働者保護で、労働組合が閉店法の緩和に反対してるのですよね。3つ目の理由は小規模小売店の保護。大規模小売店が営業時間の延長によって小規模小売店の客を奪うのを防いでいます。でも新世紀に入る頃から、例外的に1年に数度日曜日の13時から18時まで店が開かれるように規制が緩くなってきました。州によって日曜日に店を開いていい回数が定められています。ほとんどの州では1年に4度、それよりも日数が少ない州もありますし、多い州もあります。昨日の日曜日は我が町では店が開いていた日曜日だったのですよ。午前中に町の中心部に近い人造湖の湖畔を散歩して、13時頃に繁華街にやってきたら、既に大勢の人で賑わっていました。本当は誰しも日曜日に店が開くことを願ってるのですよね。土曜日より人が多かったかも。

エキゾチックな植物を売る出店も出ていました。

e0365654_13253991.jpg


e0365654_13260251.jpg


e0365654_13264298.jpg


e0365654_13262351.jpg


e0365654_13280252.jpg


e0365654_13262919.jpg

向こうの方に浮かんでいるのはバルーン。
市街地のあちらこちらにバルーンの売り子が立っています。

e0365654_19401328.jpg

このパグ犬の写真は以前別の日に撮っていたものですが、
パグ犬もバルーンに関心が引かれていたようです。
好奇心旺盛にバルーンを見上げていましたが、
離れた場所から写真を撮っていたら、
丁度良いタイミングで振り向いてくれたワン
ちょっと拡大してみましょう。

e0365654_19401842.jpg

子供が遊べる遊具も備えてありました。

e0365654_13344241.jpg


e0365654_13342463.jpg

自転車に関するイベントも催されていて、
あちらこちらにインフォメーションのテントが立ってました。
記念写真を撮っているところに便乗してパチリ。
ドイツで自転車に乗る時はこんな風なヘルメットが奨励されていて、
被ってる人はたくさんいますが、日本ではどうなんでしょう。

e0365654_13343153.jpg

またまた載せちゃう繁華街に並んでるサクラ。

e0365654_13424842.jpg

自転車だけではなく、路面電車の営業所も何かイベントやっていて、
あちらこちらにインフォメーションセンターのテントも立ってましたが、
こんな風なレトロな路面電車を使った屋台が立って、飲み物を売ってました。

e0365654_13582334.jpg


e0365654_13585680.jpg


e0365654_13583638.jpg

路面電車の屋台の近くではオープンカフェが賑わってました。
この日の午後からの気温は20℃。

e0365654_14002046.jpg


e0365654_13595910.jpg

近くのアイスを売ってるカフェの前には
こんなに長い行列ができてました
カフェの名前は Giovanni L.^^

e0365654_14015637.jpg

駅へと向かう通り。

e0365654_14072752.jpg

グリーンの男女は路面電車のイベントでインフォを配っていた人。

e0365654_14080225.jpg

駅前で偶然グリーンな路面電車も通りかかりました。時々こんな風に色んな絵が描かれています。目の前をさっと通り過ぎた時は写すのに集中していて、ゴリラがグリーングリーンの密林に座ってるのかなと思ってましたが、写真に写ったのをよく見てみたら、大きなゴリラが路面電車を座り潰しているではありませんか。こういうブラックユーモアが好きなドイツ人は多いですね。

e0365654_14095846.jpg


e0365654_14100479.jpg


[PR]
Commented by iwamoto at 2017-04-03 15:51 x
Giovanni L.? これはスゴい。 ジョバン二パパさんに行ってもらわねば。
わたしは、東京の岩本町には行きました。
そして今朝、静岡市に「岩本山」というのがあるのを知りました。 標高193メートル。

自転車の人がヘルメットを被ることはあるのですが、子供か、専門で走ってる人ですね。
nhk-bsで年寄りが自転車で全国を回る番組があります。
もう何年も続く人気番組です、音楽も良いんですよ、しっかり勉強出来てるなって思います。
その主役や撮影クルーは被ってますね。

ラッピング電車ってそちらにもあるのですか。
ときには乗るのが恥ずかしいようなものもあります。

元日などには店を開けないという気運が高まっているようです。
24時間営業も少なくなりつつあります。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-03 16:52
iwamotoさん、Giovanni L、驚きますでしょ(笑)
ここ、人気のあるカフェなんですよ。
以前何度か週末にブランチを食べに行ったことがあります。
Lさんが密かに遠隔から商ってたりしてね(笑)
あはは、岩本町に行かれましたか。
なんか気恥ずかしく感じられますでしょうか^^
どこから読んでも山本山ではなく、岩本山というのがあるのですね。

こちらは自転車用のヘルメットは割と普及してますよ。
私たちも自転車に乗る時には面倒なのですが被ります。
割と自転車の転倒や衝突事故というのは起こってますので。
知人でも、転んで大怪我をしたっていう話、よく聞きますよ。
そちらにお年寄りが自転車で全国を回る番組があるのですね。
ドイツ人は自転車が大好きですね。自転車用の道もよく整ってますし。
バルト海の方に行っても、もうほとんど自転車で行く人ばかり。
歩いて行く人は私たちぐらいで。

日本にもラッピング電車があるのですね。
鉄道はないですが、路面電車&地下鉄(これらは両方兼用です、
地上では路面電車で地下で地下鉄になります)やバスでは
時々ラッピングされてますね。
乗るのが恥ずかしいものがあるって、どんなものでしょう(笑)

元旦はやはり伝統を尊重して閉店する方に私も賛成ですね。
24時間営業も少なくなりつつあるのですね。
こちらには24時間営業なんて無いです。
Commented by Cakeater at 2017-04-03 20:18 x
僕の最初の勤め先は岩本町の金物屋でした。岩本町というところは、最初は近くに馬喰町があるくらいで、大八車の町で、ついで自転車の町になり、金物問屋の町になったという町です。現在、その金物屋もバブル景気の終焉のころ倉庫賃の安いところへと逃げ出していって、今は・・・最近行ってないのでよくわかりませーん。
自転車用ヘルメットは、LAで必ずかぶるようにというのが警察からのお達しであるということでした。自転車での負傷箇所は、どういうわけか頭の天辺が多いんだそうで、(確かに、二度ほど転倒した時は真っ逆さまに頭から落ちました)あのとんがりヘルメットなんだそうです。日本でも子どもには(小学生以下は)ほとんど義務づけられているようですが、中学生以上は頭部無防備無頓着のようです。
LAでの自転車ライフは通勤・休日の足でしたけど、事務所でも、日本の親会社も、みんな危ないから(犯罪に遭遇する可能性大・・・いきなり撃たれるぞ、切りつけられるぞ、はねられるぞ)やめておけと言われましたけど、悪運強く楽しんでました。ドイツなら、自転車通勤しても、そんなこと言われないでしょうねえ。haha
Commented by uchi-mame at 2017-04-03 20:59
このバルーン、盛り過ぎではないでしょうか?(汗笑)
「いちばん上の赤くて大きな風船ちょーだい!」って言ったらどうするんだろ?
売り子さん、ハシゴでも持ってきて取ってくれるのかしら?(笑)
アップの振り向いたパグちゃんには笑っちゃいました。
誰かに似てるんだけどな・・・ってずっと考えてるんだけど出てこない。
なんだか、人間のような表情してますね♪
今日のお写真を見てて、「おぉ、春だなぁ」って思いました。
人間だけでなく、草花もワンコもみんながみんな、
暖かい春ちゃんがやって来て、体いっぱいで喜んでるって感じ。
もちろん、路面電車を潰しながら座ってるゴリラさんもね。
この路面電車、反対側も同じイラストが描かれてるんですか?
車内から見たら、ゴリラさんはどんな感じに見えるんだろ?って思いました(笑)。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-04-03 21:01
去年、ドイツ旅行をした時、昔に比べると日曜日にやってるお店が増えたなあ、って思いました。
その昔はまさしく買物難民になってたような記憶があります。^^;
ドイツの路面電車、趣がありますね。
昔の車両はもちろん、今の時代の車両も凝ってます。
やはりいまだに現役だからこそ、なんでしょうね。
バスに比べると、どこを走るのかが明快なので、ツーリストには使いやすい存在です。^^
Commented by giovannibandw at 2017-04-03 22:32
閉店法は、労働者保護の観点は理解できますが、宗教論理の方は不可解です。
先進国なら、ビジネスの基本は顧客満足度優先だということを知っているかと思っていました。
閉店日を平日にシフトすれば済むだけのことです。
小規模小売店の保護にも疑問が残ります。
最終的には大規模店にない独自のサービスを創出しない限り、生き残りはできないからです。
 
"Giovanni L."は創業者兼オーナー?Giovanni Lasagnaさんの名前がそのまま店名になっていますね。
ドイツ各地はもとより、スペインとシンガポールにも進出しているチェーン店でしたか。
ジェラードは好きなので食べてみたいですね。
最寄りの店がシンガポールなのでちょっと遠いですが。
 
自転車用ヘルメットは、本格的なサイクルスポーツをする人だけが被っています。あとは子供だけです。
一般の人は使いません。高いからでしょう。
 

Commented by sternenlied2 at 2017-04-03 23:01
Cakeaterさん、何と、最初の勤め先は岩本町だったんですね。
東京の土地勘が無いので、さっぱり分かりませんが、
色々、産業が変転してきているのですね。
近くの馬喰町が気になります。ユニークな地名なので。

LAでは自転車用ヘルメットを被らないといけないのですね。
被ってなかったら、何かあった時に保険とか相手に責任を
問う時にも不利になるのでしょうね。
転倒した時はやはり頭が危ないのですね。
自転車だからと言って馬鹿にできないですよね。
こちらの自転車に乗ってる人、前に人が歩いていても、
ブレーキも押さずに猛スピードで走ってくる人もいますし、
あのスピードで転倒でもしたら、大事ですよね。
日本ではヘルメットは子供だけに義務付けられているのですね。
こちらは買い物にママチャリに乗ってるような人は被ってませんけど、
サイクリングしてる人は大人でも被ってる人は多いようですよ。

Cakeaterさん、LAでは自転車で通勤していたのですね。
犯罪に遭遇する可能性大・・・いきなり撃たれるぞ、
切りつけられるぞ、はねられるぞ。。ですか。。それは怖い警告ですね(笑)
ドイツで自転車通勤してる人多いですよ。バスや路面電車&地下鉄、
鉄道にも自転車を載せられますし。
ドイツ人って、雨が降ってても傘ささずに歩いてる人って多いですから、
雨にも負けず、風にも負けず、一途に自転車通勤してる人が多いです^^
Commented by sternenlied2 at 2017-04-03 23:34
uchi-mameさん、このバルーン、盛り過ぎですよねえ(笑)
上に行くほど大きなバルーンのようで、高さだけでなく、
きっと値段も高いでしょうから、滅多に大きい風船を
ちょうだいという人がいないのでは(笑)
子供は欲しがるかもしれませんが、親御さん達はだましだまし、
こっちの方がいいわよ〜って小さい方を薦めるような気がします(笑)
キティちゃんやピカチュウやドラえもんのパクリのようなのも
見かけましたよ。

ふり向いたパグちゃん、キュートでしょ。前から通りかかった時に、
見上げてる姿を見たのですが、それが可愛らしくて〜!
通り過ぎた後で、やっぱしあのパグ犬の姿を撮っておこうと
思ってカメラを構えた時に丁度振り返ってくれたのですよ。
視線を感じたのかしら^^
誰かに似てるようだなと私も思います(笑)

そうなんですよね。この日は午前中はちょっと雲がかかって
冷んやりしてたのですが、午後からメキメキと天気が良くなってきて、
どこに行っても、人間も動物も植物も春を、そう、uchi-mameさんが仰るように
体いっぱいで喜んでましたよ♪ 私たちも、街中だけではなく、
色んなところに散歩に行って、7時過ぎまで外で過ごしてましたよ。
今頃の季節、7時過ぎても明るいんですよね。

路面電車の後ろ側は見てないので知りませんが、多分同じようなのが
描かれてるんじゃないでしょうか。車両の後ろ側に大きなサイが描かれてました。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-03 23:43
黒顔羊さん、日曜日に開店してる店をたくさん見かけられましたか。
駅の構内の店は開いてますしね。別の場所では日曜日には
パン屋と花屋は午前中開いてます。
日本では年から年中店が開いてますから、突然店が全部閉まってる
状況に遭遇すると戸惑いますでしょうね。

ドイツに限らず、欧州では路面電車がいまだ活躍してますよね。
アンダルシアのセビリアに行った時、路面電車に赤いドレスを着た
フラメンコダンサーが描かれてました。それぞれのお国柄があって楽しいですね。
路面電車に乗ってると、窓が大きいので、見晴らしが良くて、
ツーリストにとって初めてやってきた町を路面電車で巡るのはウキウキしますよね♪
Commented by sternenlied2 at 2017-04-04 00:08
Lucianさん、経済状態が悪かった時にも閉店法を譲らなかったのは、
なんと頑固なのかと首を傾げました。日曜や祭日に店を開ければ、
売上が上がるじゃないかと誰しも思うのですが。
こちらの人は教会離れしてますから、日曜日に店を閉じていても、
教会に行く人は少ないんですよ。
労働者保護にしても、都合で平日よりも日曜日に働きたいと
思う人は十分にいると思うのです。
私も日本でアルバイトしてた時に日曜日よりも平日に休みが
欲しいなと思ってましたもの。
家族のいる人は夫婦揃って週末に休みを取って家族団欒で
過ごしたいと思うでしょうが、シングルの人とか、
日曜日に働けるフレキシブルな人はたくさんいるでしょうね。
小規模小売店の保護も説得力はあまりないですけど、
一番反対してるのは教会のようです。

Giovanni L.のLはLucianではなくて、Lasagnaのイニシャルなのですね^^
あの料理のラザーニャと同じ綴りですね(笑)
私も国外まで進出してるチェーン店だなんて知りませんでした。
オーナーは私たちより一回り若いのに、経営の手腕家なんでしょうね。
ここで朝食を食べたことはありますが、アイスを食べたことがないのですよね。
他に美味しい店を知ってるので。どんな味がするのか、今度食べてみよっと♪
日本まで進出したら面白いでしょうね。その時はLucianさんと
Giovanni 君の磁力が働いたと思っておきます(笑)

日本では大人では自転車に乗る時にヘルメットを被るのは
本格的なサイクルスポーツをする人だけですか。
こちらは割とリーズナブルな値段で売られてますけど。

Commented by iris304 at 2017-04-04 10:55
こんにちは

花のマルクト、色鮮やかで
イースターが待ち遠しいですね。

本当に、お店が開いている日も時間も
多くなりましたね。
最初にドイツへ行った頃は皆、週末になると
食べるものがなくなって、ガソリンスタンドのキオスクや
中央駅に買い物に行くと行ってました。
それから、土曜日は毎週6時まで開くようになり
木曜日だけ8時まで開くようになり
便利にはなったけれど、
帰国する頃は、メリハリが薄くなってきたなあと
感じていました。

日本で一般道でヘルメットを被っているのは
殆ど外人の方ですね。
まだまだ、自転車はスポーツの域を超えないようです。
自分のことは自分で守るという意識が少ないし、
自転車に対しては日本の法律は甘いと思います。
人と車の間の位置付けで、自動車ではないという雰囲気がありますね。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-04 16:12
irisさん、こんにちは。
昨日の朝はどんよりとして寒くて、消していた暖房を
またつけていたのですが、今朝はまた気持ち良い青空です♪
花のマルクト、華やかな南国の花がたくさんあって、見てるだけで楽しかったですよ。
レモンやオレンジ類の鉢を見てるとウキウキしました。好きなんですよね。
イースターは来週末です。もうすぐイースターツリー用の枝を買わなくちゃ。

昔と比べたら、開店時間も伸びましたし、便利になりましたね。
ほとんど共稼ぎ夫婦になってますから、勤め人にとっては有難いでしょう。
例外的に年に4度は日曜日に市街地では午後の時間に店が開くようになりましたが、
今でも日曜日は店が閉まってるので、何か買わなくちゃいけなくなった時は
救いは駅だけですね(笑)近所だったら、商品は限られてますけど、キオスクですね。
ガソリンスタンドだけじゃなく、我が町にはキオスクがここかしこの
通りにたくさんあって、週末も含めて1週間ずっと開いてますね。
時間的にも早朝から夜まで開いていて開店時間が長いですし。
キオスクの場合、閉店法で制約されないのかしら。

日本でヘルメットを被っているのは外人だけですか(笑)
ドイツだけでなく、欧米の他の国でもヘルメットを被るようになってるのですね。
日本では自転車に対する認識が甘いのですね。
ドイツは自転車大国ですね。自転車用の道も行き届いてますし、
自転車で行く人にとって痒いところに手が届くほど何もかも考慮されてるようです。


Commented by Cakeater at 2017-04-04 19:49 x
こういう歌があります。
https://www.youtube.com/watch?v=eHQG6-DojVw
中国の電動自転車数が2600万台。でも、ほとんどヘルメットかぶってないところは日本と同じ。haha
Commented by sternenlied2 at 2017-04-04 20:27
Cakeaterさん、Beijingのnine millionの自転車に乗ってる人の
ほとんがヘルメットをかぶっていないなんて、そりゃ、大変だあ(笑)
電動自転車でもですかあ。

この歌の歌詞、発想がユニークですね。動画を見ていて、
Katie の足を誰が引っ張ってるのだろうかと気になりましたけど(笑)
東洋っぽい旋律が流れるところなんか、何となく、Anekaの
1981年にこちらで大ヒットしたJapanese Boyを思い出しましたよ。
この歌もMax WernerのRain in Mayのように日本では知られてなかったのかしら?(笑)
どちらの歌も1981年にヨーロッパで大ヒットした歌です。
Bicycleの歌で即思い出すのはクイーンのBicycle Raceですね。
by sternenlied2 | 2017-04-03 14:16 | 街角 | Comments(14)

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2