復活祭の花

と言っても、私が個人的に選んだ花ですが。復活祭の花として泥の中から清らかな花を咲かせるロータスを選びました。聖金曜日には午前中快晴だったので、植物園に行ってきました。また新しい花が生き生きとたくさん咲いていて、花を見ながら巡っていると、新鮮な息吹で心身満たされるような心地でしたよ。またたくさん花の写真を撮りましたので、追ってアップしていきたいと思います。ロータスはまだ季節外れなのですが、写真のロータスは植物園の温室の中で1輪だけ咲いていたのをパチリしました。


e0365654_02494704.jpg


イースター、復活祭というのはキリストの磔後の復活を祝う日ですが、その日付というのはキリストの誕生日とされているクリスマスと同様に知られておらず、誕生の日が象徴的に冬至を過ぎて光の力が増してくる時期に定められているのと同じように、復活祭の日も象徴的に春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に決められています。なので移動祝日で毎年日付が変わるのですが、今年の復活祭は4月16日となります。

ロータスを復活祭の花としてアップしようと選んだ時は知らなくて、調べていて分かったのですが、何と古代エジプトではロータスは永遠の再生と復活を象徴する花だったらしいです。神殿の柱にもよく再生復活を象徴するロータスがモチーフにされていたそうです。ロータスは太陽が昇っている時に開花し、花の形状が放射状になっているので、古代エジプトでは太陽を象徴する花でもあったらしいです。ロータスは花の中に太陽を生み出したと言われ、太陽神ラーはロータスから生まれました。エジプトの神話にはネフェルトゥムという頭上にロータスの花を咲かせている神もいます。来世で無限の命を与える再生の神だそうです。古代エジプトの神話や宗教は色々なシンボルで表現されていますが、キリスト教と古代エジプトの宗教は一見繋がりがないように見えて、奥深いところでは繋がっているところもあって面白いです。キリストも象徴的に太陽の光と同一視されていますし、復活も重要なキーワードですしね。


復活の神ネフェルトゥム

e0365654_17305458.jpg


キリストの誕生日だけでなく、死を克服して復活したとされる復活祭の日もキリスト教徒にとっては意味のある日で、ドイツではそれほどでもないですが、一度復活祭の時期にギリシャに行った時に復活祭が積極的に祝われているのを見かけました。ドイツで復活祭の日には実際どんな風に祝うのかというと、まだ信心深かった昔には色々と宗教的な行事もあったことでしょうけど、多くの人がクリスチャンでも宗教離れしている今日では一般的には特に宗教的に祝うことはないです。教会では復活祭の特別なミサや信者の為のイベントを催しているのでしょうけど。ただ昔からの風習でお祭り気分で色付けたり模様を描いた玉子を若枝の束に吊るしたイースターツリーやウサギ等のイースターグッズを飾って、身内や友人達と集まってご馳走を食べたりするくらいですね。チョコレートを贈り合う風習もありますし、子供がいれば、前にも書いたように、ゆで玉子やチョコレートを盛った籠を家の中や庭に隠して探させる風習があります。大抵の人は昼食にご馳走を作るのですが、夫の実家では祖父の故郷の伝統でイースターの特別な朝食を食べてました。どんな朝食なのかというと、以前の記事にアップしています⇢イースターの朝食


[PR]
Commented by iwamoto at 2017-04-16 00:55 x
イースターは、まだまだ日本では流行ってはいません。
流行るという言い方は失礼なのかもしれませんが、殆どの外国の風習は、
この国ではその意味など関係無いのですから。
むしろ、流行らない方が基本的な意味を保持出来ることでしょう。

残念ながら、ロータス・カーズも売られてしまいましたね。
確か、マレーシアの会社かな。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-16 01:30
iwamotoさん、イースターの知名度は日本ではまだまだ低いのですね。
私が初めてイースターという言葉を知ったのは、
ユーミンの歌のベルベット・イースターでした^^ 
姉が聞いていたのを聞くともなしに聞いていただけで、
出だしの部分だけで歌詞はそんなに覚えていなかったのですが、
どんな歌詞だったのか先ほど調べてみたら、

ベルベット・イースター
小雨の朝
光るしずく 窓にいっぱい
ベルベット・イースター
むかえに来て
まだ眠いけどドアをたたいて

空がとってもひくい
天使が降りて来そうなほど
いちばん好きな季節
いつもとちがう日曜日なの。。。

あらまあ、ユーミンって、イースターの頃の天気を
よく知っていたのねえとびっくりです(笑)

あの頃から時折女性雑誌でおしゃれ感覚でイースターのことを
載せてたことがありましたが、いまだに流行っていないのですね。
まさに日本では流行るっていう言葉が現実的ですよね。

ロータス・カーズって知りませんでしたが、これも英国のメーカーだったのですね。
調べてみると、マレーシアの会社のようですね。
英国、ブレグジットでこれからどうなっちゃうんでしょうね。
Commented by London Caller at 2017-04-16 04:10 x
ハス、とてもきれいな花ですね。
マレーシアではハスやスイレンなど一年中1月から12月までいつでも咲きますよ。^^;
熱帯の国ですから。

イギリスでは短い夏だけです。
そしてスイレンしか見られません。
ハスは温室に入らないと、見られません。^^;

>復活の神ネフェルトゥム

あの写真の中の「花」はハスですか?
パピルスと思いましたが!^^;


>復活祭というのはキリストの磔後の復活を祝う日

マレーシアのキリスト教徒、とても少ないですよ。
マレーシアの人口の9%だけです。
でもクリスマスは全国性の公休日です。^^
イースターはちょっと特別ですが、
半島マレーシアで仕事の日です。
でもボルネオ島マレーシアでは休みの日です。
あそこのキリスト教徒、もっと多いですから。

>イースターの特別な朝食

はい、リンクも拝見しました。
お〜イースターケーキですか?こちらは食べません。
でもホットクロスバンを食べます。
それも甘味のパンです。^^

>ジャガーはインド人に
>ハロッズはアラブ人に
>フォートナム&メイソンはアメリカ人に
>ロータス・カーズはマレーシア人に

あはは、昔の大英帝国もう終わりましたね。^^;
ブレグジットのこと、ちょっと心配していますよ。
メルケルさんはEUの女将ですね。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-16 04:59
London Callerさん、マレーシアでは睡蓮や蓮が一年中咲くのですね?!
きっと種類も豊富なんでしょうね。こちらでは6月頃から咲き始めるかしら。
マレーシアほど見事ではないでしょうけど、市庁舎裏の公園の池にたくさん咲きます。
ドイツでも睡蓮だけですよ。

あはは、パピルスの花も放射状に咲くようですね。
ネフェルトゥムの頭の上の花は睡蓮だそうです。

マレーシアでクリスチャンは少ないのですね?!
もっと多いかと思ってました。
イスラム教が国教なんだそうですね。意外です。
イメージ的にイスラム教徒っていう感じがしませんもの。
クリスチャンが少なくても、クリスマスは公休日なんですね(笑)
イスラム教が国教でも全体的にインターナショナルで自由な気風があるようですね?

ドイツでもこのイースターに食べる菓子パンは北部では見かけません。
南部だけで食べるようです。ホットクロスバンの写真を見ましたが、
想像ですけど、味はそれほど違わないと思います。
ギリシャでもイースターに食べる特別な似たような菓子パンがありましたよ。

英国の重要な企業がなんか色んな国の手に渡っていって心配になりますよね。
こんな状態でブレグジットなんですから、火に油を注ぐようなもので。。。
8月から10月にかけてドイツ連邦議会選挙があるんですよね。
難民問題でメルケルの支持率が下がってますから、どうなることやら。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-04-16 08:43
泥の中から清らかな花を咲かせるロータス・・・
そうそう、お釈迦様のお言葉でしたっけね。
日本人は蓮の花を見ると、やはり仏教的なイメージを抱くようです。^^
イースター、最近日本でも徐々に商戦ができつつあるようです。
クリスマス、そしてバレンタインデー、しばらくたってハロウィン。
いずれも大きな商戦が展開されています。
イースターはあまりにも宗教的なので日本ではどうかな、って思いましたが、最近はカラフルな卵なども見かけるようになりました。
そのうち、日本ならではのイースターの流儀が生まれたりするかも。^^
クリスマスにKFCが流行ったり、バレンタインデーに男性のみがギフトを買ったりするみたいな。^^;
Commented by paoまま at 2017-04-16 10:17 x
こっちにもコメントしちゃいましょ、だって今日は日曜日だもーん(?)
イースターの朝食拝見しましたよ、
「朝から凄い肉じゃねぇ!」
このカラフル卵ですが、卵に色を付ける用の何かが売られているのでしょうかね?
「イースター卵用おしゃれキット」みたいな物があるんじゃろうか、と思いました。
これって殻を向いたら白い普通のゆで卵?
こんな事を書きながら、私は復活祭の事をなーんも知らんのじゃというのを再認識いたしました。
という事は日本の一般peopleも似たようなもんでっせ。

蓮はロータスですが、実は私はつい最近までロータスは蓮とはつながらなくて、
ロータスと言えば「ロータスエリーゼ」とか「ロータスヨーロッパ」みたいな
スポーツカーしか出てこず、蓮の英名と聞いて
「スポーツカーと私の中では蓮はつながらんわぁ」
と、思いました。

田舎に帰る道の途中に、休耕田を利用した綺麗な蓮の池があったのですが、
道路拡張の為につぶされてしまいました。
仕方ないことですが残念です。
Commented by small-talk at 2017-04-16 15:28
泥沼に咲く一輪の蓮の花、というと素敵な感じですね。
いや、実際、素敵なのですが。

Commented by sternenlied2 at 2017-04-16 15:28
黒顔羊さん、日本人はロータスを見ると、お釈迦様を連想しますよね。
インドでもロータスはスピリチュアルなシンボルですし、
古代エジプトでも宗教性の高い花だったそうですし、
色んな民族でロータスは高貴なインスピレーションを与える花のようですね。

日本でも次第に商戦がイースターにも手が伸びてきましたか。
イースターに色々女性が喜びそうな可愛らしいグッズが揃ってますから、
それで誘うのでしょうか。最近のイースターエッグというのは
プラスチックでできてますが、以前は本物の卵の殻に絵が描かれていて、
土産物屋でもそういうのが売ってます。一度ドイツを訪れた
日本人の知人が買って行きましたけど、壊れやすいので、
パックするのが大変なようでした。
凝った絵もあるのですよ。絵が描かれた卵、黒顔羊さんの
奥さんも好まれるのではないでしょうか。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-16 15:49
paoままさん、もひとつコメント嬉しいです♪
どうもありがとうございます。
今朝は予報が外れてくれて青空のイースターの朝です^^
今日は昼食にご馳走を作るので、今朝の朝食はこんなに
ボリュームのあるものではなくて、あっさりしたものに
する積りですが^^

食用の染料があるのですよ。手間がいるので、滅多にしませんけど、
私も色付けてみたことがあります。夫の祖母がいた時には
私が絵を描くことを知っていて、卵に絵を描いてくれるように
頼まれたことがありました^^
殻を剥いたら普通の白いゆで卵ですが、染料がちょっと染み入ってるのもあります。
こちらでは卵の殻を剥いて、ナイフで4等分にカットして
塩コショーを振って、それをフォークでとって食べるのですよ。
日本のお弁当みたいに丸いゆで卵を持って塩をつけて
頬張るのもおいしいものですけどね(笑)

あはは、paoままさんはサッカーだけでなく、レースもお好きなようですね。
私、レースには疎いもので、ロータスとレーシングカーが結びつきませんでした。
なんで、ロータスと名付けてるのかしらね。

綺麗な蓮池が潰されてしまったなんて残念ですね。
そういうのを聞くと一抹の寂しさを感じます。
6月になって、あちらこちらの池で睡蓮が咲くのを楽しみにしています。


Commented by sternenlied2 at 2017-04-16 15:53
small-talkさん、泥沼から輝かんばかりの清らかな
花を咲かせるロータスは世界各地の民族に
インスピレーションを与えるようですね。
自分の身が置かれている苦しい環境からも輝いてみせるぞ!
と勇気も与えてくれるようです。
Commented by Cakeater at 2017-04-16 17:22 x
イースターと花の話題って組み合わせは初めてかなあ。haha
季節的には、チューリップと水仙あたりかと思ってました。あとは紫のヒヤシンスかな。温室のハスとはまたひねりの利いた選択ですねえ。
イースターと聞くと Easter Parade のAnn Miller のキレキレのタップダンスをおもいだしますね。JudyとFredの歌も踊りもすきだけれど。1960年代から1970年代の仙台や東京の映画館では、こういう古いミュージカルがリバイバルでよく上映されてました。
イースターエッグを探す話はは例の坂田靖子のイースター・ラビットかな。ジルベール・ベコーのマリーマリーは復活祭には手紙を書いてくださいというシャンソンでした。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-16 18:22
Cakeaterさん、イースターのことは毎年書いてますので、
時には何か別の話題を振らないと(笑)
名前からして、ドイツ語ではラッパスイセンのことをOsterglocke
イースターの鐘と呼んでますので、一般的にはドイツではこの花が
イースターの花ということになるでしょうね。
ヒヤシンスもイースターのイメージですか。金曜日に植物園に行った時に
ヒヤシンスが花壇にたくさん咲いていて、プンプンと香っていました。
うふふ、温室のハスでも、ハスはハス。凛と真っ直ぐに咲いてる姿は
辺りを祓うような存在感がありましたよ。

昔のミュージカル映画って好きでしたね。テレビでよく楽しんでました。
「ザッツ・エンターテインメント!」の映画は大好きでしたよ。
最近はミュージカル映画があまりなくなったのは何故でしょうね。
歌い手も制作者もミュージカル映画を作れる昔のような才能が乏しいのでしょうか。
でも最近では久しぶりに「ラ・ラ・ランド」というミュージカル映画が高評でしたね。
見たいと思ってるのですがまだ見ていません。いつかDVDでも買おうかしら。
Cakeaterさんはこの映画を見られたのかしら。


Commented by giovannibandw at 2017-04-16 20:14
う~ん、ロータスのシンボルは初耳です。
古代エジプトだけのローカルなものだったのかもしれません。
あるいはこちらの勉強不足でしょう。
蓮と睡蓮をひっくるめてのロータスですね。
インド経由で仏教のシンボルだと思っていました。
ルーツはエジプトだったのですね。

Commented by sternenlied2 at 2017-04-16 20:42
Lucianさんが初耳だなんて?! てっきり知ってるるのかと思ってました。
ヘルモポリスの創世神話でスイレンは原初の水ヌンから立ち上がって開花し、
花の中にタマオシコガネを収めていて、そのタマオシコガネが姿を変えたのが
ネフェルトゥム神だそうですが、面白いのが、そのヘルモポリスというのは
ギリシャ語ではヘルメスの町という意味で、ヘルメス=トート神が管理する神殿があったそうです。
ヘルメスといえば?(笑)
Commented by giovannibandw at 2017-04-16 20:59
聞いていてもあまり重要ではないと思って忘れていたかもしれません。
要点としては学んだことがないのです。
タマオシコガネはスカラベのことですね。
翅を広げたウイング・スカラベはAMORCのエンブレムにもなっています。
イシス信仰からマリア信仰への転換による布教の拡大が成功したのは、マリアの処女懐妊から、死と復活の伝説の実演的具現化を成し遂げた磔までの一連のミッション完了によるものだったと考えています。
「黒いマリア像」に象徴されるように、イシス女神は古代エジプト神殿のレリーフのように褐色の肌だったのです。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-17 01:10
Lucianさん、エジプトに限らず、神話というものには
登場する要素の多くに象徴性が隠されていて面白いもんですよ。
このネフェルトゥムの頭上に花開いてるロータスにしても、
インドの世界観で解釈すると、とっても面白い秘密が隠されています(笑)
ヨガでいうところの頭頂、あるいは少し上に位置するサハスラーラという
チャクラはサンスクリット語で千枚の花びらを持つ蓮という意味なんですよ。
エジプト神話ではスカラベは重要なシンボルの一つのようですね。
エジプト神話の構成と聖書で展開するキリストの話というのは
多くの象徴で重なる部分がありますよね。
ユダヤの民はエジプトに移住していた時代もありましたから、
きっとインスピレーションを受けている部分も大いにあると思います。
先日、他のことを調べていて偶然読んだのですけど、
アブラハムの曾孫のヨセフの時代に一族はエジプトに移住してるのですが、
それはエジプト第18王朝にあたる時期で、何と、アメンホテプ4世が
登場していた時代だったそうです。ご存知の通り、このファラオは
雑多な多神教から一神教を作っていたのですけど、後の時代に
モーセが一族をエジプトから脱出させる時にアトンに代わるヤハウェによる
一神教を築き上げたのだそうです。
Commented by giovannibandw at 2017-04-17 21:03
エジプト第18王朝の時代が、出エジプト記の始まりにあたります。
モーゼがイスラエルの民を率いてエジプトを出ようとする時、ファラオが阻止したと記述されています。
そして、二人は壮絶な魔術合戦をした後にやっと脱出に成功したことになっています。
この時のファラオこそがアクナトン(アメンホテップ4世)だったわけですが、彼とモーゼとは同志でした。
多神教の神官たちの目を欺くための大掛かりな演技だったのです。
多神教の影響を完全に排除して一神教を徹底的に叩き込むには、砂漠や荒野を何十年も彷徨わせなければならなかったのでした。
ファラオ・アクナトンは、古代エジプト神秘学派の開祖でもあり、モーゼもイニシエーションを受けた入門者でした。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-17 21:43
Lucianさん、あ、モーゼが対決していたファラオがアメンホテップ4世だったのですね! 
しかも同志だったとは?! それを踏まえてあの聖書の部分を読んでみると、
新しい認識が持てそうですね。そのうち時間のある時にでも読み直してみます。
やはりエジプトと聖書の世界というのは根っこで繋がってるわけですね。

Commented by simon777_ at 2017-04-18 01:16 x
こんばんわ☆

復活祭は日本では中々定着しない御祭りの一つで、キリスト教との相関関係が有るゆえかと思います。ただ・・・
音楽を通して、日本人の心に感覚的に定着している部分は有りますね。
ユーミンこと松任谷由美さんの荒井由美時代の初期の名曲に♪
そのイメージのせいか?イースターは春の明るさではなくて秋の暗さを連想です。
日本では、春の嵐が吹き荒れていますが、
気候不安定の事を指すようですね♪

ロータスと言う言葉も日本の蓮とは随分違うものだと。

私のブログの方へも訪問戴き誠にありがとうございます。
私のブログのコメントとこちらのリコメを拝見して、
非常に驚いて居ります。
高校生の頃まで阪神沿線で住んでおり、その後転勤族の時代を経て、再び六甲の麓に戻って落ち着きました。
転勤族の時代に、タイとインドネシアで駐在生活をしています。
六甲の麓と言っても、結構広義で、H急T線沿線すが(笑)

私のブログでは、大好きな阪神電車と共に、たまたま、その昔住んだ場所に係わる話をアップしてゆきます。
意外とニアミスしていたかも(笑)
宜しければ覗いてみてくださいな。
コメント戴ければ嬉しいです。
リコメは遅くなりますのでその点ご容赦願います。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-18 04:21
サイモンさん、こんばんは。
ハロウィンは近年になって広まってるようですが、
これも遊び性があるから広まってるんでしょうね。
クリスマスも古くから定着してますけど、イースターは別なのでしょうか。
ま、イスラムの国でもクリスマスをお祭りとして祝うようですしね(笑)
クリスマスは宗教を超えて受け入れられてるのでしょうね。
そうなんですよ。私もイースターという言葉を知ったのは、ユーミンの歌を通してです。
日本でも春の嵐が吹き荒れていますか。こちらもそうですよ。
今日(月曜日)もとても不安定な天気で、雹も降りましたし、
明日(火曜日)は何と所によると、雪が降る場所もあるそうな。

サイモンさんは高校生の頃まで阪神沿線でお暮らしですか?!
引っ越してから阪神は利用することはなくなりましたが、
阪急は時々利用してましたよ。墓参りに行く時と、
京都に行く時には大抵阪急を利用してましたね。
もしかしてどこかでニアミスしてたかもですね(笑)
阪神に関わる記事を楽しみにしています。

タイとインドネシアで駐在生活をされていたのですね。
どちらも行ったことはありませんが、ドイツ人はタイに旅行する人が多いですよ。
特に冬、避寒のヴァカンスに行く人が多いですね。
by sternenlied2 | 2017-04-16 00:10 | 季節 | Comments(20)

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2