ムスカリとヒヤシンス

今年はムスカリが繁殖してるようで、去年までは庭とか庭園とか限られた場所でしか見かけなかったような気がするのですが、今年はそこらへんの道端や空き地や運河の岸辺にもたくさん咲いてるのを見かけます。ムスカリって球根でしょう。球根でも自生していって繁殖するのかしら? ちょっと謎です(笑)身近に見かけるのは皆青紫ですが、植物園の花壇には色んな色合いのムスカリが咲いてましたよ。各ムスカリに魅力的な名前がついているのですが、その内の幾つかを紹介いたします。

e0365654_19335094.jpg

Pink Sunrise

e0365654_19350153.jpg

Aqua Magic

e0365654_19381151.jpg

Ocean Magic

e0365654_19372423.jpg

Mount Hood

e0365654_19402718.jpg

Mountain Lady

e0365654_19403557.jpg

Blue Magic

e0365654_19413428.jpg

Joyce Spirit

e0365654_19414388.jpg

ムスカリの向かい側には色んな彩のヒヤシンスが咲いていて、芳しい香りを放っていました。

e0365654_20114597.jpg


e0365654_20113653.jpg

Gipsy Queen

e0365654_20122545.jpg

Anne Marie

e0365654_20125225.jpg

Jan Bos

e0365654_20132844.jpg

Blue Star

e0365654_20135195.jpg

Donker Blauw(オランダ語で濃紺という意味らしいです)

e0365654_20142370.jpg

Hollyhook

e0365654_19421813.jpg

[PR]
Commented by yuta at 2017-04-24 05:10 x
おはようございます
ムスカリは種類が多いんですね。
みんなとてもきれいです。
そして名前が素敵ですね。
名前を付けるのはセンスがいると思うます。

↓過去記事も見ましたよ色々名種類の花が沢山咲いてますね。
春らしく華やいだ感じがします。
わたしが一番気に入ったのはカラスが咲く木です。(笑)
花の色は地味ですが存在感があります。(爆)
Commented by London Caller at 2017-04-24 07:12 x
ヒヤシンス、いい香りですね!
ウチもあります。^^
白いけど。

あ、そう!ムスカリの英名は
ブドウのヒヤシンスなんです。
あはは、たしかに似ていますね!
ドイツ語も同じですか?
または日本語の学名と同じですか?

きょう公園でフジの花たくさん見ました。
とてもきれいでした。^^

>ジャマイカ料理ってどんな料理なんでしょう。
うん、うまいよ〜〜ドイツではたぶん探しにくいかも。
アジア人の味にふさわしい。^^;
でもイギリス人にも大人気。
Commented by iwamoto at 2017-04-24 08:58 x
ムスカリに限らず、「タネ」は出来ると思いますよ(笑)
我が家でも、思いがけないところに生えて来るのを実感しています。

それにしても、色々な種類があるのですね。
紫の見慣れたものは葉の形も一緒ですが、他のものは葉が違うようです。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-24 13:29
yutaさん、おはようございます。
見慣れてるムスカリは皆青系の同じような色をしてますけど、
こんなに色んな色のバリエーションがあるとはね。
そうなんですよ。名前にセンスがあって、
植物園を巡ってる時に名札の名前を読んでいくのも楽しいものですよ。
過去記事も見てくださってありがとうございます。
4月の始め頃には陽気が続いていたのですが、中旬になる頃から
ずっと不安定で寒い日が続いているのですが、
植物たちも健気ですよね。寒いのに次から次へと花を咲かせて。
うふふ、カラスが咲く木を気に入られましたか。
花の色は地味ですが存在感があります。。。よね!(笑)
昨日も夕暮れ時にやっと天気がましになったので、
近所の運河沿いを散歩していたら、先端がカットされて
枝のない1本の木の天辺に1羽の大きなカラスが
どかっと座っていて面白い光景でした。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-24 13:45
London Callerさん宅にもヒヤシンスが植えてあるのですね。
芳しい香りを放つ花ですよねえ♪
ムスカリのことを英語でもブドウのヒヤシンスと呼ぶのですね。
ドイツ語でもそうですよ。
ムスカリの名前の由来はギリシャ語の moschos(ムスク)で、
麝香のことだそうですね。麝香の匂いがするのかしら。
側で匂いを感じたことはないですけど。

そちらではもうフジが咲いてるのですね。
ドイツでフジは植物園でしか見かけたことがないですね。
そちらは公園にも咲いてるのですね。

現地で絶対食べたいおすすめジャマイカ料理10選というのを
見てきました^^
こってりとスパイシーな感じで美味しそうですね。
ジャマイカはイギリス領だったそうですね。
だからレストランもあるのでしょうね。
ドイツにはメキシコ料理のレストランは割とありますよ。
メキシコ料理って好きです。ドイツに渡ってきた頃、
お気に入りのメキシコ料理のレストランがあって、
よく食べに行ったものです。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-24 14:03
iwamotoさん、最初こぼれ種かと思っていたのですが、
ムスカリのことをよく読んでみると、球根と書いてあって、
球根?とここではたと迷ってしまいまして(笑)
そうですね、思えば、花の咲くものには種はあるはずで。
調べてみたら、球根で育てる植物は、素人が種から花を咲かせるのは
かなり難しいらしく、それで球根を植えるのだそうですね。
種から花を咲かせるのに5年以上かかるとも書かれてました。
種は子供(次世代)が栄養を蓄えた物で、球根は親(当世代)が栄養を蓄えた物。
種ができるのはお母さんが子供を生むのと同じで、球根で増やすのは
クローンの一種なんだそうです。なるほど。

昨日運河沿いを散歩してた時に観察してたのですが、
やはり住宅地から離れた場所ではムスカリは咲いてませんでした。
咲いてる所には住宅地の庭から種が何らかの経路を介して運ばれてきたのでしょうね。

色んな種類がありますでしょう。
ムスカリの名前の由来は麝香だそうですが、
麝香のような匂いがする時があるのでしょうか。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-04-24 20:41
お~、ムスカリにもいろいろな種類があるのですね。
園芸種だから当たり前なのかもしれませんが・・・
人間って、バリエーションを作るのに長けてますもんね。
自然環境の中だけじゃ、こんなに違う種類は発生しなかったんじゃないでしょうかね。^^
ちなみに、うちの庭に出るのは、ごくごく普通の青いムスカリちゃんです。^^
Commented by giovannibandw at 2017-04-24 20:42
ムスカリは青いものを見慣れているので、ピンクや白は珍しく感じます。
うちでは今年は見当たらないので、モグラの被害にあったようです。
球根ものを狙われたようです。
毒のあるスイセンだけは無事でした。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-24 21:17
黒顔羊さん、ムスカリって園芸種って言うイメージがありますよね。
なので今年の春はあちらこちらで雑草のようにムスカリが
たくさん咲いてるのを見て意外でしたよ〜(笑)
ご自宅の庭にも青いムスカリちゃんが咲いているのですね。

品種改良の歴史って古いですよね。
最初に考えついた人はすごいなと思います。
願わくば、品種改良は植物だけに留めておいて、
家畜も部分的にありますけど、
将来人間までにも及ばないことを願っております ̄人 ̄
Commented by sternenlied2 at 2017-04-24 21:31
Lucianさん、通常近所の庭等で見かけるムスカリも皆ブルーですね。
植物園ならでは色んな種類が勢揃いしてるのが見られますが。
今年は全然咲いてませんか。モグラって球根も食べるのですね。
毒のあるものをよく分かっているのには感心します。
毒のあるものは動物に知覚できるような何かのサインを発しているのでしょうかね。
庭園でモグラ塚をたくさん見かけますよ↓

http://lichtblume.exblog.jp/15787473/

モグラのトンネル網には巣,排出場,休み場,食物貯蔵庫等が
しつらえられているのだそうですね^^
トンネルの補修や拡張によって掘り出された土は前足で押して
トンネル中を運ばれて垂直に上方に向かうトンネルから地表に捨てられ,
それがモグラ塚になるのだとか。生き物の習性っておんもしろいです。
by sternenlied2 | 2017-04-24 00:35 | 花たち | Comments(10)

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2