カモの家族も見つけましたよ♪

ここかしこの水辺でハイイロガンの親子達を一足早く見かけていましたが、
一昨日の夕暮れ時に湖畔に散歩に行くと、カモの親子も今年初めて見かけましたよ!


e0365654_21460642.jpg

カモの場合、大抵はお母さんだけがヒナを引き連れて泳いでる姿を見かけますが、この家族にはお父さんも側に付いていました。ちょっと離れたところから見守るように。でもお母さんがヒナを連れてさっさと速く進んで行ったり、岸に上がったりする時には一緒について行きませんでしたけどね。ハイイロガンや白鳥はお母さんとお父さんが常に共にヒナ達と一緒にいるようです。

e0365654_21463328.jpg


e0365654_21464109.jpg


e0365654_21471135.jpg


e0365654_21485778.jpg


e0365654_21484801.jpg


e0365654_21473757.jpg

水から上がってチョコマカと歩いて行く姿もかわいいのなんのって!

e0365654_21504120.jpg


e0365654_21504868.jpg


[PR]
Commented by umi_bari at 2017-04-29 04:57
可愛いですね、頑張って育つんだよ、そう思って
しまいますね、天敵がいっぱい、自然も怖いですね。
Commented by London Caller at 2017-04-29 07:29 x
私はロンドンの公園で
アオサギがマガモのひなを食べたシーン
見たことあります〜
こわ〜〜〜かったです。^^;

ハトもKFCチキン食べたん!?
へん!
Commented by simon777_ at 2017-04-29 11:04 x
おはようございます☆

鳥さんも子育ての時期になり、微笑ましい姿を見ることが出来るようになりました。
こっちの世界でも(笑)、夫婦で子育て、というのが主観が分かれるというのがあるのが面白いです。
そういえば、日本のカルガモの子育てシーンでも、お母さんだけのことが多いように思いました。
人間界にも比喩できる部分があるようです。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-29 12:26
アラックさん、見ていると、ハイイロガンのヒナの
生存率は割と高いようですが、カモは残念ながら低いようです。
最初多かったヒナの数が減っていって、カモのお母さんが
1羽だけ引き連れて泳いでる姿を見かけると切ないような気がしますね。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-29 12:34
London Callerさん、それは怖いシーンですね!
アオサギも他の鳥のヒナを食べるのですね?!
魚を食べてるのかと思ってました。
調べたら、魚類、両生類、昆虫などを食べるが、
鳥類のヒナ、小型哺乳類を食べることもあると書かれてました。
周りに天敵がたくさんいて油断がならないですね。
本当にヒナが一人前に育つまでは親鳥は大変なことだろうと思います。



Commented by sternenlied2 at 2017-04-29 12:51
サイモンさん、おはようございます。
六甲の麓でも鳥の子育ての姿を見かけるようになりましたか。
日本で暮らしてた時には見かけたことがなかったです。
ここ北部には水辺がたくさんあるので、色んな水鳥のヒナを見かけます。

そうですねえ、こっちの世界でも、育て方が違いますねえ。
でも昔は母親1人に任せていたのが、夫婦一緒にというスタイルが定着してきましたね。
共稼ぎが多くなったというのも理由でしょうね。
仕事のかたわら、お父さん、頑張ってます!
昔は乳母車を押していたのは子連れ狼くらいだったのに(笑)、
日本ではどうなのか知りませんが、90年代に入る頃から、
お父さんが1人で乳母車を押してる姿をよく見かけるようになりましたね。
最近ではジョギングしながら押すようになった特殊な乳母車もありますし。
Commented by Cakeater at 2017-04-29 15:59 x
アオサギが明治神宮の緑地や隣の代々木公園の芝生の上を歩いているのを昔(40年以上前)初めて見たときは、あれはなんで水のないところにいるんだろうと怪しんだものです。でも、今思うと、あれはネズミか野良の仔猫を物色してたんだろうと思います。自分より小さいものは皆食物というのが、猛禽類の遺伝子情報なんでしょう。すると、ネズミや猫に比べて実に警戒心の薄いカルガモの雛なんかは、まさに鴨葱ものでしょう。haha
もう、この写真の一家も半分は食われてしまったようで、ちょっと切なさを感じてしまいますね。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-29 16:36
Cakeaterさん、近所で見かけたアオサギにはシンパシーを
感じていたというのに、なんかショックです(笑)
弱肉強食の世界は厳しいですね。
仔猫もなんですか! びっくりですね。
でもあんな細い首で、小動物も飲み込んじゃうとは?!
お餅みたいに詰まらないのかしら。
カモのヒナの一番の天敵はドブネズミかと思ってたのですが、
同じく鳥であるアオサギも天敵だったなんて!

この写真に写ってる以外にもヒナはもっといますよ^^
広がって泳いだり歩いたりしてるので、一度に写しきれなくて。
カモのお母さんが20羽あまりヒナを連れて泳いでる姿を
見たことがありますが、カモってそんなにたくさん産むものなんでしょうか。
孤児になったヒナも一緒に育ててあげてるのかしらなんて思ってたんですけど。
Commented by Cakeater at 2017-04-29 18:43 x
魚を食べる鳥はすべて、カエルとかトカゲも食べますし、腹が減ってると、小鳥や雛を襲って食べます。もちろん縄張り意識の強い鳥は経験不足で迷い込んでくる雛を突き殺してしまいます。昔、工場の屋上で誰かがハトに餌を撒いていたところに脚が一本だけのハトがやってきて、餌を拾ってたのを見てましたら、そこへやはり片足のハクセキレイが餌を拾いに現れたら、そのハトはハクセキレイに襲い掛かって突き殺すのを見たことがあります。そのハトも、その数日後に現れた、つがいのハクセキレイに追い払われてしまいました。諸行無常だなあと思いましたね。
Commented by small-talk at 2017-04-29 19:28
今日、ムクドリでしょうか、子供の鳥がちょっと空飛ぶ練習をしていましたよ。
練習かどうかは分かりませんが、親鳥に比べると、助走をしないと飛べないのですよね。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-04-29 21:31
まず第一印象・・・
水が暖かそうに見えるようになってきましたね。^^
温度は低いそうなんですが、「水ぬるむ春」を実感させるような日差しだからでしょうか。^^
カモさんたち、仲良しな親子なんですね。^^
お父さんも一緒に寄り添っているってのが、なんとも微笑ましいです。^^
Commented by giovanni L. at 2017-04-29 21:57 x
マガモの親子ですね。
雛の生存率が低いのは、猛禽類の他にカラスにも狙われるからです。
ハイイロガンと比べて親のガードが甘いのでしょう。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-29 23:41
Cakeaterさん、人間世界も生き難い世界ですけど、
生き物の世界で生き残るのも並大抵ではないようですね。
何の心配もなくのんびりと生きてるように見えて、
我々の知らないところで、多くの戦いが展開してるのでしょうね。
同類の間でも激しい戦いがありますものね。
一度面白い光景を目にしましたよ。
1羽のカラスが他のもう1羽のカラスに攻撃されていじめられてた時に、
どこからか1羽のカササギが飛んで来て、いじめてるカラスを攻撃して、
いじめられてるカラスを助けてあげてるのを見たことがあります。
詳しくは下の記事に書いてます。

http://lichtblume.exblog.jp/14106876/

白鳥が犬に襲われそうになったカモの夫婦を助けてる姿も何度か見たことありますし。
悪者もいれば、正義の味方もいるようです(笑)
Commented by sternenlied2 at 2017-04-29 23:48
small-talkさん、ムクドリのヒナが空を飛ぶ練習をしているところを
目撃されたなんて楽しいですね。
親のように飛ぼうとして一生懸命助走してる姿、いじらしいですね。
鳥は飛ぶのが当たり前だと思ってますが、最初は努力の積み重ねなんでしょうね^^
水鳥のヒナしか見たことないです。小型の鳥のヒナも見てみたいものです。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-29 23:55
黒顔羊さん、水が暖かそうに見えますか^^
この日の夕暮れ時散歩した時は陽が照って
気温は15℃に上がってたかしら。
今日は近くの町ツェレまで行って来たんですけど、
陰ってるととても冷たいのが、陽が照ると
たちまちの内に暖かくなり、気温差が激しいですね。
でもいまだに平均して10℃位ですね。
水鳥の家族、眺めてると微笑ましいですよ。
お母さんがヒナを連れて進んでいくと、お父さんは距離を置いて、
後方から見守るようについていくようでした。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-30 00:00
Lucianさん、今年初めて見かけたマガモの親子です。
今日隣町のツェレに行って来たのですが、そこにも
小さめですが庭園があって、小さい川や池に
カモがたくさんいるのですが、そこではヒナは
まだ見かけませんでしたね。これからカモの親子を
見る機会は増えてくると思いますが。
一番の天敵はカラスなんですね!
カラスは周りにたくさんいますものね。
敵がたくさんいて、親鳥は大変ですわ。
できるだけ無事に成長してほしいですね。
by sternenlied2 | 2017-04-29 00:23 | 鳥さん | Comments(16)

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2