ビーチの情景

水温が上がってくる11時少し前頃から人がどんどんやってきましたね。
色とりどりのビーチパラソルが花咲きます^^

e0365654_20132579.jpg

ビーチの前には小島がふたつ。
普段はカモメが占領していたようですが、時折人の姿も見かけました。
泳いで行ったり、サーフィンで行ったり、ボートに乗ったりして行くのでしょうね。

e0365654_20140665.jpg

昼に近づいてくる頃になると、海の青さが深まってきます。気温は30℃前後でしたが、常時快い浜風が吹いていたので、暑いとは感じませんでした。陽射しも暑いとは感じないのですが、意外と強いのですよね。あっという間に陽に焼けましたよ。水温はあまり高くなくて、泳いでる人はあまりいませんでした。波打ち際の浅いところで波と戯れてる人は多かったですが。カリブの海のように美しい青さの入江の浜に行った時に、夫は泳ぎに行きましたけど、冷たいと言ってました。それにとてもしょっぱかったそうです。ギリシャのサモス島の浜で泳いだ時にも塩辛いと言ってました。地中海は塩分を多く含んでいて塩辛いようです。私は泳がないのかって? 私、実はカナヅチでございまして(--,)ぐすん。

e0365654_20145404.jpg


e0365654_20151490.jpg

浜で見かけた人達をちょっとばかしピックアップ。

e0365654_20162293.jpg

ナイスボディのお母さんだこと。

e0365654_17144054.jpg

こんな低いデッキチェアを持参する人もいます。

e0365654_15572489.jpg

100%開放感を満喫っていう感じでしたね。

e0365654_20165652.jpg

このおじいさん、表紙に大きなタコのイラストが描かれた本を読みながら
ニヤニヤしてましたが、何か愉快な話でも読んでいたのでしょうか。

e0365654_20170295.jpg

人だけではなく、ワンコもビーチパラソルの下に(笑)

e0365654_20175378.jpg

主人らしき女性はパラソルの外にいるのにね(笑)

e0365654_20175867.jpg


[PR]
Commented by yuta at 2017-06-19 05:01 x
おはようございます
きれいな海ですね
地中海は塩分が濃いのですか。
海によって結構違うモノなのでしょうか?
漠然とだけど海は皆同じだと思ってました。

赤いパラソルのしたで2匹のわんちゃんが寝そべってる姿はユーモラスですね。
動物を擬人化した絵にでてきそうです。
Commented by umi_bari at 2017-06-19 05:02
海だ、行きたい、潜りたい、バグースです。
ワンちゃんも日焼け対策、面白いですね。
暑いんだろうな。
Commented by linden2151026 at 2017-06-19 07:52
sternenliedさん、すっかりご無沙汰しました。
私がフォローしている方のブログのお知らせがいつもくるのですが、sternenliedさんのブログがなかったものですから、どうしたのかしらと思っていました。
それが先ほど、pochipochiさんのところにお邪魔したときにsternenliedさんのお名前をみかけましたので、クリックしましたら、新しく3号庵になっていたのですね。
だから届かなかったのですね。
あぁ〜よかったです(^^)
Commented by London Caller at 2017-06-19 08:15 x

ビーチパラソルはこちらはたいへん珍しいですよ!
お〜実は見たことはないんです。
でもビーチウィンドブレークはよく見られますよ。
こちらの海辺の風は日差しより強いですから、あはは。
北ドイツの海辺と同じでしょうね。

>ビーチの前には小島がふたつ
日本なら夫婦岩ですよね。
ちょっと大きすぎるので、夫婦島と呼べばもっとふさわしいですね。^^;

>私、実はカナヅチでございまして(--,)ぐすん。
なるほど!はい、わかりましたよ。だから、スリムですね。
あぶらはなくて水には浮けないです!

え、日本には外国人向けの弁論大会もあるんですか?
実はこういうイベントはロンドンにもありますよ。
でもビジネス日本語を対象する弁論大会です。
あのう、10年前くらい「のど自慢」がロンドンに来ました!
私はもちろん参加しなかったんです。><
Commented by sternenlied2 at 2017-06-19 13:33
yutaさん、おはようございます。
以前ヨーロッパのビーチのランキングサイトを見たことがあるのですが、
サルデーニャのビーチの水質は上位にありました。
透明で青々としていて綺麗な海です。
情景も余計なものを加えずに自然のままにしてありますしね。
海によって塩の濃度が違ってるようですよ。
私はカナヅチですから、海水が口の中に入るほど顔を浸けるなんてもってのほか(笑)
なので分かりませんが、夫が地中海は特にしょっぱいと言ってました。
私もパラソルの陰にいるワンコを見かけて笑っちゃいましたよ。
2匹とも全身すっぽり陰の中に入ってますでしょ(笑)
Commented by sternenlied2 at 2017-06-19 13:38
アラックさん、昨日youtubeでここの浜の動画を
探していたら、ダイビングしてる動画もありましたよ。
きっとダイビングも楽しめる海だと思います。
動物も陰を求めますね。
ホテルにいた猫がよく駐車させてる車の下の
陰の中で憩ってる姿を見かけましたし。
朝晩はひんやりしてましたが、日中、特に午後の
日射は熱かったですね。
Commented by sternenlied2 at 2017-06-19 13:53
lindenさん、お久しぶりです。
更新が長く途絶えていたので、どうしてらっしゃるのかなと思っていました。
先週末の土曜日にバロック庭園を歩いていて、そこの立派な
リンデンが花を咲かせて香っていたのですが、
lindenさんのことを思い出していましたよ。
そちらのコメント欄で読みましたが、お母様が入院されて
具合がよろしくなかったのですね。回復されてることを願っています。

そうなんですよ。画像容量が一杯になってきたので、新しいブログを開設しました。
でも昨日現在の画像容量をチェックしてみたら、今年の始めに新設したばかりだというのに、
既に40%近く使っていて驚きましたよ。4番目を作るのもアレなので、
3号庵で締めくくろうかしらなんて思ったりもしたのですが(笑)
今後ともまたよろしくお願いしますね。
Commented by sternenlied2 at 2017-06-19 14:20
London Callerさん、イギリスではビーチパラソルを見かけませんか?!
南欧ほどではありませんが、ドイツの北海やバルト海の浜では見かけますよ。
小さなテントも多いですけど。サルデーニャでもテントを使ってる人は多かったです。
beach windbreakって何だろうと画像検索して見ましたが、
へえ、こういう衝立のようなものをイギリスのビーチでは立てるのですね。
ドイツの浜でも風除けが必要となりますが、日差しと風を避ける独自の椅子が見られます。
バスケット状の箱のようになった椅子です。ドイツ語ではStrandkorbと呼ばれます。
英語に訳すと、beach basket。英語のウィキにも載ってますよ。

https://en.wikipedia.org/wiki/Strandkorb

ブログの以前の記事にも載せてますし。

http://lichtblume.exblog.jp/18409831/

http://sternlein.exblog.jp/24558423/

夫婦岩のようですよね。伊勢に行かれたことがありますか。
あはは、脂肪があったほうが浮きやすいのですか。

私が日本で暮らしてた頃から外国人による日本語弁論大会というのがあって、
テレビでよく見てましたよ。楽しかったです。

http://www.iec-nichibei.or.jp/iec04_2.html

youtubeでも「外国人による日本語弁論大会」で探すと、ズラ〜っと出てきます。
イギリスにもあるのですね。ビジネス用日本語ですか。
弁論大会では色んなテーマを扱っているようです。社会のことや体験談が多いようですが。
あはは、「のど自慢」も?! 参加すればよかったのにd(>_・ )
ドイツでもKaraokeは人気がありますが、イギリスでもそうなんでしょうね。








Commented by blackfacesheep2 at 2017-06-19 15:46
おお、素敵なリゾートですね。
日本のようにみょうな商業主義に染まっていない感じです。
かと言って、素っ気なさすぎることもない。
匙加減が絶妙です。
そう言えば、バルト海って、あまり塩分濃度が高くないんだそうですね。
だから御主人も地中海に来るとしょっ辛く感じるのではないでしょうか。
Commented by iwamoto at 2017-06-19 16:03 x
もっと、目の保養したいです〜。
目が疲れてるので。
Commented by sternenlied2 at 2017-06-19 16:11
黒顔羊さん、サルデーニャといえば、北方のビーチが有名なんですよ。
洗練されていて、欧州の王族とかはるばるハリウッドからスター達が
ヴァカンスを過ごしに来るようなビーチなのですけれど、
ここ南方、しかも南端は田舎でして、田舎なりに素朴な味わいがあります。
でもキアは割と名高い浜なのですよ。

場所によってやはり海の塩分の濃度が異なってるようですね。
理由を探ってみると面白そうですね。
Commented by sternenlied2 at 2017-06-19 16:15
iwamotoさん、目をこき使うお仕事をされてるんでしょうね。
疲れ目で目の保養をしたいお気持ちよく分かります。
海の情景はもっとたくさんアップいたしますので、
少しでも癒しになってくれればいいですね。
Commented by Cakeater at 2017-06-19 19:14 x
ぼくには親子のアルマジロが向かい合ってるように見える。

Commented by sternenlied2 at 2017-06-19 19:26
Cakeaterさん、ふたつの小島、アルマジロの親子のように見えますか(笑)
そう言われれば、そんなにアルマジロを知ってるわけではないので、
他の動物の親子が向き合ってるように見えてきました。
ガラパゴスのような場所にいそうな何かの動物^^
Commented by uchi-mame at 2017-06-19 21:24
こんなに綺麗な海だのに、泳げないなんてモッタイナイ!(笑)
でも、眺めてるだけでも十分楽しめる光景ですよね。
私も、カラフルなビーチパラソルの下で、りくと一緒にのんびり過ごしたいな♪
2匹の可愛いラブラドールワンコのようにね・・・ムフフ♪
ワンコにパラソルを譲ってるなんて、優しい飼い主さんですね(笑)。
私、sternenliedさんが紹介してくれるビーチの光景を見てて、いつも思うんです。
海水浴など、海を楽しんでるおじいちゃんおばあちゃんが多いなぁ・・・って。
しかも、水着を着てね♪
こちらでは、なかなか見かけない光景ではないかと思いました。
何歳になっても、水着を着て海で過ごす時間を楽しめるなんて憧れです♪
私は、もうすでにムリ・・・みなさんに迷惑を掛けてしまいそうで(汗笑)。
Commented by sternenlied2 at 2017-06-19 21:58
uchi-mameさんは泳げるんですね♪
綺麗な海で泳げたら、さぞ気持ちの良いことだろうと憧れるのですが、
これまで色々な南欧の国のビーチを訪れましたが、不思議と泳いでる人ってあまりいないんですよね。
多くは浜でじっと横たわって炙られて時を過ごしてるような。
水に入っていっても、浅いところで波と戯れているだけのようです。
ここの2km程あるビーチで泳いでる人を見たのは10人もいなかったですよ、少ないでしょう。
水温は割と冷たかった為かもしれませんが。夏だったらもっと多いかもしれませんね。

このビーチパラソルの陰で和んでるラブラドールワンコ、可愛いでしょ。
雪が好きなワンコは暑い日差しは苦手かもね^^ 
暖かいところを好む猫でさえ、陰を求めていましたから。
最初の数日ほど、ワンコを見かけなかったのですよ。
ここの浜はワンコの立ち入り禁止なのかなと思っていたら、
後日になって、ワンコも見かけるようになりました。

仰るように、浜にはおじいちゃん、おばあちゃんも多いですね。
水着を着てね。。。って、ウハハ、ドイツのバルト海や北海の浜に行くと、
ヌーディストが多いのですが、おじいちゃん、おばあちゃんも
生まれたままの姿の人をたくさん見かけますよ〜(笑)
タフでね、北海やバルト海のまだ冷たそうな水の中にも
そのままの姿で泳ぎに行くおじいちゃん、おばあちゃんも見かけますし。
日本のビーチでは水着姿のおじいちゃん、おばあちゃんをあまり見かけませんか?
Commented by giovannibandw at 2017-06-19 22:19
浅瀬のエメラルドグリーンから沖合のサファイヤブルーになる海の色がまさに南国ですね
豊富な太陽光を表しているかのようです。
こちらでは真夏でないと見られないような気がします。
Commented by sternenlied2 at 2017-06-19 22:37
Lucianさん、私達が行った5月下旬から6月上旬の頃は
気温は暑くても30℃をちょっと超える程でしたが、
夏になると40℃以上になるそうですよ。
ポルトガルはもっと暑くなりそうで、もう既に40℃を超えて
山火事が起きてしまったようですが。
ここより数km先に行ったところに別の浜があって、
そこはもっと海の青さが際立っていましたよ。
いつかその浜の海の情景もお見せしますね。
豊富な太陽光を表している海、素敵な表現ですね。
by sternenlied2 | 2017-06-19 00:58 | 旅(国外) | Comments(18)

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2