久しぶりに仲良しさん

前から私のブログを見てくださってた方々にはお馴染みでしょうが、最近訪れてくださるようになった方々の為にちょっと説明すると、湖畔に異種の水鳥からなる仲良しグループがいるのですよね。他にもカモやハイイロガンや白鳥等の群れが同じ水辺にいるのですけど、この仲良しグループはいつも一緒で微笑ましいです。数年前から一緒にいるのを見かけるようになりました。1羽のシナガチョウと2羽のシロガチョウと1羽のカオジロガンからなってます。去年の冬頃シナガチョウがいなくなって心配してましたが、春になってまた戻ってきていたので、元気そうな姿を見て嬉しかったですよ。冬にハイイロガン達もどこかに渡って行っていなくなっていたようですから、シナガチョウもどこかに渡っていたのでしょうね。シナガチョウがいなくなっていた間にこの仲良しグループに、仲間の群れと一緒に渡っていかずに残っていたハイイロガンが1羽加わってましたが、今はいないようです。仲良しさんはまた元の4羽に戻っています。

e0365654_19011859.jpg


e0365654_19004656.jpg

お、見ているのに気づかれましたね。

e0365654_18593037.jpg

な、何ですのん?

e0365654_18594142.jpg


e0365654_18595845.jpg

仲良しさんは大抵湖のこの辺りにいるのですが、今日は湖畔でトライアスロンが催されて、ここは水泳競技の場所となってました。水鳥達はいませんでしたが、皆どこに行ってたのかな。

e0365654_19022047.jpg

他の小さめの水鳥達も岸に上がってきたようです。

e0365654_19022756.jpg


e0365654_19023500.jpg

別の日に見かけた仲良しさんは1列になって泳いでました。
シナガチョウが大将のようですね

e0365654_04263993.jpg

この仲良しグループを見てたら、和みます^^

e0365654_04264532.jpg

[PR]
Commented by umi_bari at 2017-09-03 04:55
仲好しさん達、本当に種類が違うのに、
お友達感覚なんですかね、バグースです。
そう、ドイツ代表、次戦でロシアWCが決まりますね。
Bチームでも、コンフェデレーションカップに勝ったのですから、WCも連覇をして欲しいです。
Commented by iwamoto at 2017-09-03 07:39 x
剣道の団体戦、試合に出る順序は5人なら、
先鋒 次鋒 中堅 副将 大将、となります。
Commented by ねね at 2017-09-03 13:49 x
へえ~~面白いですねぇ♪
種類の違う鳥さん仲良しグループ
・・そんな事あるのですねぇ
やはりチームを率いるリーダ的な存在があるのですね
微笑ましいです(^^♪
Commented by sternenlied2 at 2017-09-03 15:37
アラックさん、お友達感覚なんでしょうね。
周りに他の鳥もたくさんいるのですけど、
群れから離れて個性的な鳥ばかりが
仲良しグループを作ってるようです^^

昨日Cakeaterさんから日本のロシアWC出場に
ついて教えてもらいました。日本も頑張りましたね。
来年のWCでドイツはどんな活躍ぶりを見せてくれるでしょうか。
Commented by mariko789 at 2017-09-03 15:39
>子供用のカヤック。

危なくないのでしょうか。
しかしこのように子どもの冒険心、独立心を早くから育ててあげるのは良いかもしれませんね!

>ドイツにも撮影熱心な人がいらっしゃるようで^^

ドイツ人は、やるときはやりそう。徹底していそうです。
イギリス人はかっこつけなので、ここまではしないでしょう。ドイツ人、ナイスです♪

>仲良しグループ。

可愛いですねぇ~。カメラを意識してますね(^_−)−☆ 

>別の日に見かけた仲良しさんは1列になって泳いでました。

ちゃんと暗黙の了解があるのでしょうか。
があがあ としか聞こえませんが、会話が成り立ってるのでしょうね!
Commented by sternenlied2 at 2017-09-03 15:45
iwamotoさん、剣道では大将は最後なのですね。
あはは、この鳥さんたちに剣道の衣装を着せた姿を
想像したら愉快です。この店のブレーメンの音楽隊の絵風に↓
あ、そうだ、4羽だから、連帯感が、
ブレーメンの音楽隊のようでもありますね(笑)

http://sternlein.exblog.jp/24717976/

シナガチョウなんて、面をかぶれるでしょうか。
Commented by sternenlied2 at 2017-09-03 15:52
ねねさん、この仲良しグループ、数年前から
ずっと目に留めているのですよ^^
異なった種類の鳥なのにいつも一緒で
仲の良い姿を見てると微笑ましいです。
これからもずっと皆元気で一緒にいて欲しいですね。
1羽でも欠けると心配になります。
シナガチョウが強そうで、他のおっとりとした
仲間の鳥を守っているようです。
Commented by sternenlied2 at 2017-09-03 16:08
marikoさん、子供だけのカヤックって私も初めて見かけて、
危なくないのかしらと驚きましたよ。
でもきっとカヤッククラブみたいなのに入っていて、
指導者からの了解を得ているのだと思います。
ここの湖畔には色んなボートクラブがあるようです。

ニュールンベルクのクリスマス市を訪れた時に
高い城壁の塔の前に並んでる中国人の観光客の
記念写真を撮ってる面白い姿をパチリしたことがありますよ↓

http://sternlein.exblog.jp/24038542/

中国人も大胆ですねえ(笑)

そうなんです。カメラ目線を向けてくれました^^
他の鳥の鳴き声は聞いたことがないですが、
シナガチョウの鳴く声は聞いたことがあります。
なんか象のようでした。
会話がなくても、黙ってるだけでも、側にいるだけで
心が通じ合ってるような関係のようですよ♪
Commented by uchi-mame at 2017-09-03 19:30
カメラを構えてるsternenliedさんを、
「あの人ったら、また撮ってるわ~」って言いながら見てたかもよ?(笑)
いつみても、不思議で可愛らしい仲良しさんですね♪
お互いに言葉が通じ合っているのか分からないけど、
何をお喋りしながら歩いたり泳いだりしてるのか・・・めっちゃ知りたいです♪
いつまでも、ずーーーっと元気な仲良しさんでいてほしいな。
Commented by sternenlied2 at 2017-09-03 23:06
uchi-mameさん、私も、「あの人ったら、また撮ってるわ~」
と思われてるような気がします(笑)
特に監視役のシナガチョウにね。これまで何度か撮ってる度に、
シナガチョウの「あら、この人、この前も確か。。。」と思ってるような目つきに会いましたもの。

人間のように言葉でコミュニケートできなくても、気持ちが通じ合ってるのでしょうね。
一緒にいるのが楽しいのでしょう。
本当にずっと一緒に元気な仲良しさんでいてほしいですね。
Commented by giovannibandw at 2017-09-04 20:54
仲よしの理由というか謎を解く手がかりを探しているのですが、
4羽のうちで1羽だけが野鳥で、残りは家禽になります。
野鳥はカオジロガンです。
シナガチョウは野鳥のサカツラガン(酒面雁)を中国で家禽化したものです。
シロガチョウは同じく、サカツラガンを原種として中国で家禽化したものですが、シナガチョウのようにコブがあります。
ここの2羽はコブがないので、違う種類だったことが判明しました。
この場を借りて訂正します。
ここの「シロガチョウ」だと思っていたのは、ハイイロガンを原種とするヨーロッパ系で、ドイツやオランダで品種改良が重ねられたエムデン種であることがわかりました。
特に○○ガチョウとかいう呼称はないので、中国産と混同しなければシロガチョウと呼んでも差し障りはないです。
強いて区別するなら、エムデンガチョウとでも呼びましょうか。
 
このチームの隠れリーダーはカオジロガンでしょう。
彼(彼女)がどれだけ過酷な育ち方をしたかを知れば、納得すると思います。
 
http://karapaia.com/archives/52194011.html
 
頼れる野生のリーダーに従ってついて行く家禽のチームだったのかもしれません。
ブレーメンの音楽隊のように、食べられる前に逃げ出してきたのだったりして(笑)
Commented by sternenlied2 at 2017-09-04 21:57
Lucianさん、あはは、仲良しの謎ですかあ。
ただ単に気持ちが合うという理由だけでは不十分でしょうか(笑)
それにしても、きっと仕事がお忙しいでしょうに、
その合間に詳しく調べてくださって恐縮です。
シロガチョウはエムデンガチョウですか。
シロガチョウを見て白鳥だと思ってる人もいると思うのです(笑)
なので、精確な名称はそれほど重要ではないのではないかと。
白いガチョウの方が覚えやすいですし。

カオジロガンが隠れリーダーですか。それは面白い!
先頭に立つものだけがリーダーではないのですね。
通過儀礼のサイトを見ました。そんな過酷な育ち方を
してるなんて知りませんでした。
なんかいつも長閑な姿しか見たことがないものですから^^
このカオジロガンもこんな通過儀礼を体験してきたのかしらん。
ブレーメンの音楽隊みたいでしょう。どこからか逃げ出して来て、
ハノーファーの湖に平穏な居場所を見出したのかしらね。

最近近所の運河にまたユリカモメのグループがやって来てるようですよ。
Commented by simon777_ at 2017-09-06 01:53 x
こんばんわ☆

航空自衛隊岐阜基地名物の異機種編隊飛行や、
阪神甲子園駅にやってくる阪神乗り入れ三社(阪神・山陽・近鉄)の電車で「三社祭り」の如く、
違った種類の鳥さんが仲良しこよし♪
飛行機や、鐵道の世界だけでは無く、鳥さんの相互乗り入れ(爆)状態なのには大笑いです。
よっぽど気の合う仲間たち、いや、独立心の強い「一匹狼」が仲が良いのに通じるところがあるのかも。
因みに、中国のアパレルブランドに「七匹狼」というのがあるそうですが、
この国は群れたがるのがお好きな国民性のようです(笑)
Commented by sternenlied2 at 2017-09-06 02:14
サイモンさん、こんばんは。
うふふ、異種の鳥さんからなる仲良しさんを見て、
即異機種編隊飛行や三社の電車を連想されるところが、
乗り物好きのサイモンさんならではですね。
異種の鳥が強い絆で結ばれていて仲の良い姿を見るのは微笑ましいです。
そうなんですよ、群れから離れた独立心の強い一匹狼ばかりが集まってるのですよね。
七匹狼というブランドがあるのですか。あはは、群れていないと不安なんでしょうね。
ひところ中国人の団体観光客が大勢やってきてましたが、
最近減ってきたようです。
by sternenlied2 | 2017-09-03 00:27 | 鳥さん | Comments(14)

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2