自転車ロードレース

土曜日に湖での水泳競技からからスタートするトライアスロンが催されていました。水泳、自転車ロードレース、長距離走が連続して行われる競技です。湖に向かう途中でトライアスロンのうちの自転車ロードレースを見かけましたよ。真っ先に走ってきたグループはもんのすごく速くて、写真に撮ると、エイトマンのよう(笑)

e0365654_01125636.jpg

こちらはややゆっくり目で撮れました。

e0365654_01130422.jpg

[PR]
Commented by Cakeater at 2017-09-05 19:20 x
今日の昼休み1時間半とれたのと、気温が涼しかったので、現場から歩いて10分の石神井池(三宝寺池は天然池らしいけど・・・・太田道灌時代からあった・・・石神井池はボート場として作られたのじゃないかと思うほど長方形に近い人工池)を一周してきました。こんな風に水鳥の種類もいないし、定年後の時間つぶしが釣しかないという男たちが棹を出していまして、ラジコンヨットもラジコンボートも浮かんでいませんでした。平日ですものね。ここは他の方がいうような池の柵がないんで水際を歩くのは自己責任というところです。外濠だって、上の歩道と区別するガードレールがありますが、ちゃんと水際へ降りる道がついてますから、日本の水際はいろいろなんです。
Commented by sternenlied2 at 2017-09-05 20:03
Cakeaterさん、1時間半もあればゆっくりと昼休みを過ごせますよね。
池を一周されたのですね。仕事の休憩には屋内で過ごすよりも、
外の自然環境の中を歩く方が充電できますね。
以前ニュールンベルクで勤めてた時、会社は周囲に田園風景が
見られるような郊外にありまして、昼休みにはよく畑の道を歩いていたものです。
昼休みは45分で、ランチを食べた後ですから、散歩時間は
もっと短くなるのですが。青い麦穂が並ぶ頃が一番気持ちが良かったです。
日本の水辺も柵がないところもあるのですね。
ドイツには自己責任という場所がたくさんありますが、
あ、そうだ、この自転車ロードレース、男性の後は女性のレースだったのですけど、
道路を横切らないようにロープが張ってあって、でも近道なので、
丁度自転車もやってこないし、通ってもいいかとそこに立っていた
係りの人に尋ねると、鍛え抜かれた女性が走ってくるんだからね、
危ないけど、自己責任で通ってもいいよと言われました(笑)
Commented by Cakeater at 2017-09-05 20:47 x
老嬢もいっぱいいましたけど、女性はみな弁当もってきてベンチで食べてました。ほとんど友人同士か、まだ連れ合いが生きてるカップルでしたが、ぼっちというのもちらほら。老人のぼっちでベンチで弁当というのは見ませんでした。ええ、わたくしも老人ですが、ベンチでソーダソフトとチョコレートアイスモナカがランチメニューでした。他人の目からみたらどう見えるか?なんてまったく気にしないんです。多分。
花泥棒をしてる女の子たちとか、ソフトを落として半べそかいてる男の子とか被写体として面白いのがまわりに一杯いたんですが、写真よりスイーツです。Cakeaterですから。速く食べないと溶けてしまう。haha
Commented by sternenlied2 at 2017-09-05 21:20
Cakeaterさん、池の端で老女たちがピクニックですか。
長閑でいいですね。そういえば、こちらで老人たちの
グループが集まってお弁当を食べているという光景は見たことがないです。
ピクニックしてるのは大抵家族連れとか若い人たちのグループとか。
最近植物園でバスケットを持って芝生に座ったり、ベンチに座ったりして
食事してる姿を見かけるようになりました。私もやろうかな。

ランチにアイスですか。ま、そちらは涼しいと言っても、
まだアイスを食べたくなるような気候なのでしょうね。
ソーダソフトなんてあるのですね。アイスモナカは大好物ですが、
私はアイスはバニラの方がいいです^^
あはは、花より団子でしたか。
Cakeaterってなんか特別な意味があるのかと思ったら、
Cake-eaterなのですね^^
Commented by simon777_ at 2017-09-06 02:04 x
guten Abend☆

「エイトマン」の比喩に撃沈です(笑)
これを知っているということは・・・・あっ!サイバー空間から平手が(爆)
Commented by sternenlied2 at 2017-09-06 02:18
サイモンさん、こちらにもコメントをありがとうございます。
エイトマンを見ていた頃はまだ幼かったですけどね。
割と好きで見てましたよ。
別に年なんて気にしてませんから、正々堂々とエイトマンの比喩を書いてるのですよ(^_-)-☆
何で年を隠す必要があるのでしょうか。
若い頃よりも、年を経ると共に楽しくなってる我が人生です。
by sternenlied2 | 2017-09-04 00:03 | スポーツ | Comments(6)

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2