カテゴリ:プロローグ( 1 )

最初の記事はアムゼルに捧げましょう

🌿「木陰のアムゼル3号庵」にようこそ 🌿


旧ブログでは画像容量が一杯になりましたので、新ブログを開設しました。旧ブログから引き続き見てくださってる皆さん、そして新しくいらっしゃった皆さん、当ブログを訪ねていただきまして、どうもありがとうございます。以前からこのブログにいらっしゃってる皆さんはもうご存知でしょうが、新しくやってこられる方の為に、タイトルのアムゼルについて少し説明をしておこうと思います。

アムゼルというのはドイツ語でクロウタドリのことです。欧州には身近にたくさんいて親しまれている鳥です。大きめのツグミのような鳥で、雌は地味な褐色の体をしていますが、雄は黒い体に黄色い嘴をしていて、愛嬌のあるまあるい瞳は黄色の輪で縁取られています。英語ではブラックバードと呼ばれ、ビートルズやキャット・スティーブンス等の歌にも象徴的によく登場する鳥です。ドイツの長い冬が終わりを告げ、ようやく初春の陽光がうららかに降り注ぐようになる頃、一番にうっとりとするような美声で春の訪れを告げてくれるのがアムゼルなのです。この鳥の歌声が大好きなので、ブログのタイトルに掲げることにしました。キャット・スティーブンスの「Mornig has broken」という歌では、

「朝になった 最初の朝のように
ブラックバードは話した 最初の鳥のように
その歌を讃えよう 朝を讃えよう
世界から新しく現われ出でるものたちを讃えよう」


と美しいメロデイーで歌が始まるのですが、この歌の詩とメロディーが醸し出しているような新鮮さをアムゼルの歌声には感じられ、「最初の鳥」と歌われるのに本当にふさわしいように思えます。アムゼルが初春にさえずる歌声には独特のメロディーがあって、まるで春の夢を歌っているような、流れるようにソフトな優しく美しい歌声で、惚れ惚れとじっと耳を澄まして聴き入ってしまいたくなるほどです。アムゼルの春の歌声を皆さんにも是非お聞かせしたいと切に思うのですが、この春先の独特な歌声の動画は検索しても残念なことに見つかりませんでした。でもアムゼルが通常に囀っている声の動画はたくさんありますので、その中で一つお聞かせしたいと思います。






そしてもうひとつ説明しておかないと^^ HNのSternenliedですが、発音はシュテルネンリートと読みます。意味は星の歌という意味なのですが、Sterneというのは星の複数形でして、正確には星々の歌という意味になります。


新しいブログの最初の記事はなんだか新雪に足を踏みいれるようなフィーリング^^
では、新しく一歩を踏み出す「アムゼル3号庵」、どうぞよろしくお願いいたします。



[PR]
by sternenlied2 | 2017-02-01 00:29 | プロローグ | Comments(14)

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2