3月22日の空 1

先週の水曜日3月22日は早朝から空が一日中何だか特別な気配を漂わせていました。早朝の空には半月より少し細くなった有明の月が煌々と金色の光を放って殊の外美しかったです。そして午前9時半頃に家を出て、歩いて30分程かかる場所まで買い物に行ったのですが、途中でとても珍しくて素晴らしい彩雲を見かけました。通常買い物に行く時にはカメラは持参しませんが、その日は途中で美しい春の花を見かけたら撮りたいと思ってカメラを持って行ったのです。写そうと思うほどの花は見かけませんでしたが、ふと空を見上げると、大空に彩雲を見つけました! 最初はほんの薄らと見えるだけだったのですが、彩雲の下方にも微かに周囲と違った光線が伸びているような気がして面白いなと思い、彩雲をチラチラと見ながら進んで行く内に、あの薄さでは直ぐに消えるかと思っていた彩雲は、内側はオレンジ色がかって、外側は青白くはっきりと色づきながら三角に伸びていき、まるで翼のような形を形成していきました。彩雲だけではなく、内側の曲線もはっきりと浮かび上がってきました(後でそれは日暈だと分かりましたが)。そして薄らな雲のヴェールに隠れていた太陽も姿を現しました。

e0365654_03501106.jpg


e0365654_03501724.jpg


e0365654_03502541.jpg


e0365654_03512192.jpg


e0365654_03513783.jpg

青白い光の部分は益々強力に輝いていきました。実際は写真よりもっとシャープに輝いていたのですよ。私は魅了されて佇んで見上げてましたけど、通りかかる人は全く彩雲に関心が無いようで気づいてもいないようだったのが不思議。

e0365654_03521326.jpg


e0365654_03521915.jpg


e0365654_03525592.jpg


e0365654_03530043.jpg


e0365654_03530512.jpg

彩雲は最初向かって太陽の左側だけに見えていたのですが、その内、右側にも彩雲が見えてきました! 左側の彩雲と対称的に同じような位置にありました。右側の彩雲は左側と比べて薄かったですが、同じように内側はオレンジがかって、外側が青白く光って、同じような翼のような形状をしていました。そして内側には同じように色づいた光の曲線が見られました。その時にはそれが日暈だとはまだ分かっていませんでした。写真には両側の彩雲の内側の上方にも曲線が写ってますが、肉眼で見た時には両側の下方の曲線しか見えず、太陽を中心にして下方に伸びたまあるく緩やかなV字状に見えていたのです。そのV字状の曲線の上方の両側に翼のような形をした彩雲が2つ浮かび上がっていたんですよね。まるでヴィクトリーに翼が生えてるようだなと思っていたんですよ^^ この彩雲の翼の生えたヴィクトリーはスーパーにたどり着くまで30分ほどしっかりと大空に浮かび上がってました。スーパーで買い物して出てきた頃には彩雲は消えかかっていたのですが、家への帰り道にはまた印象的な空の光景が同行してました。それは次回の記事に。

e0365654_03540415.jpg


e0365654_03541004.jpg


e0365654_03541648.jpg


e0365654_03542109.jpg

追記 更に調べていて分かりましたが、彩雲だと思っていたのは幻日という現象のようです。
こちらのサイトにも詳しく説明されてますよ⇢幻日

[PR]
by sternenlied2 | 2017-03-30 00:43 |

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2