3月22日の空 2

スーパーから家への帰り道、彩雲だと思っていた幻日は消えましたけれど、いまだ空の気配が何だかいつもと違ってるような、雲の形状の具合や空の色づき方に神秘的な流れを感じていたのですが、進んで行く内にやがて今度はまあるい大きな日暈が太陽の周囲にくっきりと浮かび上がっているのが見えてきました。こんなスケールの大きな日暈を見たのは初めてでした。この時もこの空の光景に感激しているのは私一人だけのようでした。他の人は気にしていなかったような、気づいていなかったような、通りかかる人は誰一人として見上げている人はいなくて通り過ぎて行くだけ。この大きな日暈も、テクテクと歩いて家に戻るまで30分以上大空に浮かび上がっていましたよ。

e0365654_03461149.jpg


e0365654_03461762.jpg



e0365654_03463200.jpg


e0365654_03463974.jpg


e0365654_03464599.jpg

大きくて大きくて、全貌を写真に納めることができませんでした。

e0365654_03464963.jpg

この日の空の特別な気配はこれで終わったわけではなく、この日一日中続いていたようで、この日も夕方近くに湖畔に散歩に行ったのですが、陽が沈む前の空や沈んで行く夕陽が照らす空の色が殊の外澄んでいて美しく雲の形状がダイナミックで印象的でしたよ。その情景も後でアップしたいと思います。

[PR]
by sternenlied2 | 2017-03-30 00:55 |

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2