今年は宗教改革500周年記念です

町の所々にこのユニークな広告を見かけて思わず頰が緩みました。バッハがサングラスを掛けてTシャツを着てクールなポーズを取ってるではありませんか。そしてTシャツには宗教改革のヒーロー、ルターの顔がデーン(笑)今年2017年は、ドイツの宗教改革の火蓋を切ったマルティンルターがローマ教会のやり方に抗議してヴィッテンベルクの教会の門扉に95ヶ条の論題を打ち付けてから500周年記念になります。ルターが95ヶ条の論題を打ち付けたのは何年だったか、学校の世界史の試験に必ず出て来ますよね。そこのあなた、何年だったか覚えてますか(笑)、ま、500周年と書いてるんだから、2017から500引けばいいだけのことだけど(笑)1517年10月31日だったそうです。

500周年記念で、ドイツ各地で色々と記念行事が催されているようですが、バッハが亡くなるまで27年間暮らしていたライプツィヒでも宗教改革500周年記念の催し物が色々あるらしくその広告のようでした。ルターとライプツィヒの歴史的な関わり合いも大きかったのですよ。1519年にライプツィヒでルターが神学者と公開討論を行い、その討論中の発言によって思想的だけでなく政治闘争の様相を帯びてくるようになったのですよね。

バッハはルターを信奉していたそうです。ルターは15、16世紀の人、バッハは17、18世紀の人で、200年程時代がずれているのですが、この広告に書かれてる言葉が面白いのですよ。200年もの歳月が2人を離していなかったとしたら、ヨハンセバスチャンバッハとマルティンルターはおそらく最高の親友になっていたでしょう。2017年、ライプツィヒで催される宗教改革500周年記念の数多くの催し物で二人に出会えるでしょう。。。ね、なかなか粋な宣伝文句でしょう。

e0365654_03200823.jpg


e0365654_03202217.jpg


ちなみにルターが城の城主に匿われて、一般の民衆が理解できるようにと聖書を訳していたヴァルトブルク城を訪れたことがあります。ヴァルトブルク城はバッハの生まれた町アイゼナハの直ぐ近くにあるんですよ。ルターはあの膨大なページ数の新約聖書をたったの11週間で翻訳したそうです。すごいですよね。しかも素晴らしい文章力なんですよ。

ルターは素晴らしい名言もたくさん残しています。その内の幾つかを。

「いくら知恵があっても、これを使う勇気が無ければ、何の役にも立たないように
いくら信仰が篤くても、希望が無ければ、何の価値もない」

「希望は強い勇気であり、新たな意志である」

「死は人生の終末ではない。生涯の完成である」

「たとえ明日世界が滅亡しようとも、今日私はリンゴの木を植える」


[PR]
by sternenlied2 | 2017-04-02 05:03 | 街角

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2