白アスパラのシーズンがスタート♪

イースター休暇には旅行に行く積りだったのに、夫が風邪ひいて行けなくなり、明日(金曜日)は祭日で店は閉まっているし、土曜日は店は混雑するだろうし、日曜日だけでなく、月曜日も祭日で店は閉まってるし、急遽4日分のイースターの食事用の食材を近くのスーパーで買い込んできました。そろそろ白アスパラも店頭に登場。出始めだから、まだまだ高いです。1kgが9,90ユーロ程(1200円程)。9,90というところがね(笑)10と書かないのよね。10よりもその方が消費者にとって心理的に安く感じられるのでしょうか。まだあまり見かけませんが、もうすぐしたら、白アスパラの出店もあちらこちらに立ちます。イースターの日曜日にはラムのステーキと、ポテトグラタンかマッシュポテト、それにインゲン豆の付け合わせと、白アスパラのサラダを作る予定。明日(こちらはまだ木曜日)は聖金曜日、キリストが磔の受難にあった日を記念する日で、昔は信者達はこの日断食をしていたものですが、今は肉を食べないようにして魚を食べる人が多いです。それで私も倣って魚料理を作ろうと思っていますが、付け合わせにグリーンアスパラを添えましょう。。。と白アスパラとグリーンアスパラを買ってきました


e0365654_18304243.jpg


e0365654_01151550.jpg

日本で旬の野菜って豊富ですけど、ドイツで旬の野菜ってあまりないんですよね。思いつくのは、春から初夏にかけての白アスパラか、秋のアンズダケ等のキノコくらいかしら。アスパラガスはドイツでシュパーゲルと呼ばれます。以前は白アスパラしか食べていませんでしたが、近年グリーンも登場するようになりました。ドイツでの白アスパラの食べ方には色々ありますが、一番人気のあるのは皮をむいて茹でたアスパラにオランデーズソースか溶かしバターをかける食べ方ですが、レストランで注文しても大抵これが出てきます。こちらでレストランで白アスパラを注文すると、かなり高いですよ。一皿で10ユーロ前後してる店が多くて驚きますよ。白アスパラに厚く切ったハムや焼きソーセージ、それにポテトを添えて食べる人が多いです。でも義母はいつもオランデーズソースを使わずにもっとシンプルな作り方をするのですが、その方が白アスパラのあっさりとした風味が味わえて好きですね。私も真似ていつも彼女の作り方で白アスパラのサラダを作ります。前日に適量の塩を入れたたっぷりの湯で皮をむいた白アスパラを茹でておいて、茹で上がると、小さじ1杯弱程の砂糖と、大さじ1杯のヴィネガーを混ぜ入れておくのです。そして翌日に深い皿に白アスパラを並べ、冷めた茹で汁にちょびっとオイルを振ったのをその深皿に入れ、白アスパラの上には細かく切ったセイヨウアサツキを適量振りかけるのですよね。白アスパラのまろやかなほんのりとした甘味が味わえて美味しいですよ。こちらでは白アスパラの茹で汁は腎臓に良いと民間では信じられていて、深皿に入れられた茹で汁もラストにスプーンですくって飲むんですよ。他にも白アスパラのクリームスープにしたり、薄く切ったハムで巻いてみたり、色んな調理法があります。


[PR]
by sternenlied2 | 2017-04-14 01:22 | 暮らし

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2