一緒にピッツァを作りました♪

土曜日の夕方にイタリア人の友達のルクレチアとダニエレがやってきました。食事の前菜には一緒にピッツァを作ろうと、ルクレチアは自宅で仕込んだ生地を持ってきてくれて、私は上にのせるトッピングを準備しました。今回のトッピングはハム、サラミ、マッシュルーム、黄色いパプリカ、スライスしたオニオン、缶詰のパイナップルとバジルの葉。トマトソースは夫が常連のイタリアンのカフェレストランで買ってきてもらった瓶詰めのソース。チーズは細くカットされたモッツァレラを使いました。

e0365654_18220908.jpg

ルクレチアが持ってきてくれた生地。フニャッと丁度良い感触。
私も自分でピッツァを作る時は生地も自分で仕込みますが、
イタリア本場のレシピを書いてもらいましたよ。
イタリア人は生地になかなか拘るようです^^

e0365654_18220293.jpg

粉を敷いて、さあ始めましょう。
生地は多過ぎるので、半分だけ使うことにして、
残りは冷蔵庫に保管して翌日使うことに。

e0365654_18221614.jpg

空気を入れるように手で何度もこねる過程が大切なようです。

e0365654_18222145.jpg


e0365654_18233416.jpg

ルクレチア、張り切っております^^

e0365654_18234523.jpg

ピッツァへの意気込みが伝わってきました^^

e0365654_18235621.jpg

麺棒を用意していたのですが、麺棒は使わないのだとか。
麺棒を使うと空気が出てしまうのだそうです。
両拳だけで平たくしていきます。

e0365654_18240265.jpg


e0365654_18240859.jpg


e0365654_18250825.jpg


e0365654_18251409.jpg


e0365654_18252020.jpg

私はピッツァを作る時はたくさんトッピングをのせるのですが、本場では少ししかのせないらしくて、笑われてしまいましたが、でも結果的には美味しかったようで、良かった良かった。それからチーズはいつもするようにラストに上にのせましたけど、本場ではトッピングをのせる前にトマトソースの上に先にチーズをのせるのだそうです。それからラストにオリーブオイルをかなりたくさんふりかけるのですよね!

e0365654_18252605.jpg

20分程で焼き上がりました。

e0365654_18253319.jpg

少しづつ切り分けて前菜に。

e0365654_18253914.jpg

メインにはタイセイヨウダラとたっぷりの野菜でパプリカ&トマトソース煮込みを作り、付け合わせには茹でたポテト、そして白アスパラのサラダも作りましたよ。煮込み料理もサラダも、どちらも大好評でした。ワインはダニエレがつい最近旅行に行っていたトスカナで買ってきたというワイン。魚料理ですけど、トマトソースの煮込みなので合いました。デザートはエクレアとイチゴ。

e0365654_18324070.jpg

白アスパラはイタリアでは食べないそうで、ドイツでもオランデーズソースのかかったのしか食べたことがないらしくて、義母のレシピの白アスパラの風味を生かしたサラダは美味しい!と感激しながら食べてました。冷めた白アスパラの茹で汁もスプーンですくって飲めるのですが、お代わりしてましたよ^^

e0365654_18314705.jpg

ダニエレはまたまた面白いTシャツを着ていたので、
写真を撮らせてもらいました(笑)

e0365654_18322463.jpg

旅行先のトスカナで買ってきたそうです。

e0365654_18322993.jpg

これがキモなんだよと、Italian, Way of Lifeと書かれたロゴを見せるダニエレ。

e0365654_18323558.jpg

楽しくおしゃべりしながらゆっくりと食事した後は、彼らが持ってきたフェリーニの La dolce Vita 邦題は「甘い生活」のDVDを一緒に観ました。あの豊満なアニタエクバーグがドレスのままトレヴィの泉にしゃなりしゃなりと入っていくシーンが有名ですが、映画全体を見るのは初めて。退廃的な上流社会をシニカルに描いた映画ですが、所々に哲学的な象徴となるシーンも織り込まれていて、そこんところには面白さを感じましたね。退廃的な生活にどっぷりと浸かっている自分の中の虚無の闇を意識し、その闇から抜け出したいと仄かな光にも惹かれながらも闇から離れられない人間の性を描いてるように思えました。でも何という長い映画でしょう! 原語のイタリア語で話されていて、英語のサブタイトルを読みながら観ていたので、いつ終わるんだろう、いつ終わるんだろうと見終わった時には疲れた〜〜〜というのが感想(笑)フェリーニの映画を見るのは初めてでした。日本人はフェリーニの「道」が好きな人が多いのですが、私は見たいと思いながら見たことがないと前に話していたら、「道」のDVDをプレゼントしてくれました。そのうち見てみたいと思います。「道」の主演のアンソニークインは好きな俳優ですし、ジェルソミーナというヒロインを演じている女優ジュリエッタマシーナはフェリーニの妻だそうですね。

[PR]
by sternenlied2 | 2017-04-25 00:57 | 暮らし

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2