ヨットも見かける季節となりました

夜は9時頃までまだ十分明るいので、天気の良い日には平日でも、夕暮れ時に仕事から戻った夫と一緒に湖畔へと散歩に行くことがあります。ちなみに今日の日没時間は、同じ国内でも東西南北で時刻が異なるのですが、早いところで南部のミュンヒェンでは午後8時23分、遅いところで北寄りの西部にあるデュッセルドルフでは午後8時51分、ここハノーファーは午後8時42分。今日もそうでしたが、この写真を撮った日も朝は1℃で寒かったというのに、夕暮れ時には15℃まで上がってました。湖にはヨットが浮かび、色んなボートがトレーニングしてましたよ。以前アップしたラジコンヨットも浮かんでましたし^^

e0365654_21373829.jpg

この小型のヨットはオプティミスト(楽天家)と呼ばれる子供用のヨットです。このタイプのヨットは15歳まで乗れるのだそうです。国際セーリング連盟が承認する最も小さなヨットで、全長は2,31m、全幅は1,13m。強風でも強い安定性があるのだそうです。定期的に選手権大会も催されます。

e0365654_21390745.jpg

12歳位の2人の少女もオプティミストに乗っていました。他のオプティミストにも同じような年頃の子が乗っているのでしょう。明るいと言っても、午後7時頃、子供だけでヨットの練習をしてるなんてね!

e0365654_21392342.jpg


e0365654_21393511.jpg


e0365654_21394184.jpg

風を受けて、係留中のヨットのマストがカランカランと快い音をたてていました。

e0365654_21403807.jpg

ドラゴンボートも練習してましたよ。あちらこちらから船尾で針路をコントロールする舵取りの威勢の良い掛け声が聞こえてきました。舵取りというのはメンバーのリーダーだそうです。ここの湖でよくドラゴンボートのレースが開催されます。

e0365654_21413926.jpg


e0365654_21414776.jpg

[PR]
by sternenlied2 | 2017-05-01 01:43 | 春のお散歩

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2