ライラックの花咲く頃

もひとつ巣箱を見かけましたが、巣箱がかかってる白樺の側には
ライラックの花が綺麗に咲いてましたよ。

e0365654_21460657.jpg


e0365654_21461457.jpg


e0365654_21462141.jpg


e0365654_21470229.jpg


e0365654_21470928.jpg

ライラックには色んな色があって、
こんな風な紫がかった濃いピンクのや、

e0365654_21471783.jpg

ピンク色がかったのや、

e0365654_18301536.jpg


e0365654_18302226.jpg

一番多いのはライラック色と呼ばれる淡い紫ですね。

e0365654_21480476.jpg


e0365654_21481146.jpg


e0365654_21481899.jpg

すくっと青空に向かって白いライラックも咲いてました。

e0365654_21491723.jpg


e0365654_21491024.jpg

白いライラックは他の紫系の花より少ないですが、日本で馴染みのあるあの有名な宝塚の歌「すみれの花咲く頃」の元歌はドイツの歌で、元歌では、すみれではなくて白いライラックなんですよね。原題は Wenn der weiße Flieder wieder blüht 「再び白いライラックが咲いたら」という歌で、1928年にベルリンで上演されたレビューの中で歌われていたそうですが、この歌は発表された当時から人気があって、ヨーロッパ各国で歌われていて、特にフランスで人気があったのですよね。丁度その頃宝塚レビューを形成した第一人者がパリに渡った時にこの歌を聞いて、帰国後に劇にこの歌を取り入れて、その後宝塚を象徴する歌として定着したのだとか。最初は「リラの花咲く頃」と歌っていたのが、日本人に馴染みのあるすみれに変えられたそうです。ちなみに原題の「再び白いライラックが咲いたら」はドイツで1953年に映画化されていて、この映画でロミーシュナイダーがデビューしてますね。日本で「すみれの花咲く頃」の歌が愛されているように、ドイツでも Wenn der weiße Flieder wieder blüht は今でも人気があってよく歌われるようです。

e0365654_21485198.jpg

でも、妙なのは、ライラックが咲く頃にはいつもなら辺りにライラックの香りが漂ってるはずなのに、香りがしてきません。5月に入っても低い気温が続いているからでしょうか。



[PR]
by sternenlied2 | 2017-05-11 01:18 | 季節

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2