ハンブルク ユングフェルン∙シュティーク界隈

内アルスター湖の南岸にはユングフェルン∙シュティークと呼ばれる大通りが通っていて、市庁舎の建つ広場やその周辺はショッピングストリートの中心部でいつも賑わっています。ちなみにユングフェルンというのは乙女を意味し、シュティークは細い坂道を意味しているのですが、昔ここの大通りを日曜日に家族らが未婚の乙女を連れてそぞろ歩いていたことから、この名前がついたそうです。ユングフェルン∙シュティークは1838年にドイツで最初にアスファルトで舗装された道だったそうです。以前この近くに日本の書店や日本人の経営する日本料理のレストランがあって、ハンブルクにやってくる度に行くのを楽しみにしていたのですが、数年前にどちらも無くなってしまったようで残念です。

前の記事でアップしたアルスター∙アルカーデンから幾つか素敵なパサージュが建物の向こう側のブランド街へと続いていて、洗練された素敵な店が並んでます。1989年にアルスター∙アルカーデンの1軒の店で火事があり、その修復工事中にそれまで隠れていたユーゲント∙シュティールの天井画が現れたらしく、それも修復されて今も見られるということを、この記事を作成中に調べていて分かったのですが、ハンブルクを訪れた時は知らなくて、残念ながら見てません。でもどのパサージュなのかなと画像検索してよおく調べてみたら、が〜ん、何と下の写真に写ってるパサージュの奥の方の天井にその天井画はあったようです。その絵は前文の青文字で書かれた「天井画」にリンクしてありますので、関心のある方はどうぞご覧になってください。このパサージュの写真を撮った時にこちら側から写しただけで、行ってみようかと思いながらも通り過ぎて、奥の方まで行ってなかったのですよね。また次回の機会にでも見ることにしましょう。

e0365654_21012879.jpg

パサージュは幾つかあって、
こんなポップなパサージュもありますよ。
ここは通りました。

e0365654_21013680.jpg

ここは何の店だと思われますか。
ビストロ風ですが、寿司の店なんですよね。
たくさん客が入ってました。

e0365654_21014647.jpg

パサージュ内のベルト専門店。ベルトだけというのが珍しくてパチリ。

e0365654_21015349.jpg

パサージュではなくて、近くの別の場所で見かけた
筆記具ブランドのファーバーカステルの店。

e0365654_20595286.jpg

ここはランプの店。
びっくり箱のようなものが並んでますが、
ランプのようでした。明かりがついたら面白そうですね。

e0365654_21001114.jpg

ショーウィンドーのディスプレイが素敵。

e0365654_20254199.jpg

高級ブランドの店はたくさん並んでいて、マイセンもありますよ。

e0365654_20252862.jpg

マイセンの猿の音楽隊^^

e0365654_20253540.jpg

ハンブルクの市街地には湖の他にも水路や運河がたくさんあって、町の景観の特色となっているのですが、その運河にかかる橋はアムステルダムとヴェネツィアを合わせたよりも多いのだそうです。

運河の閘門。あちら側は小アルスター水路

e0365654_20580978.jpg

運河に沿った場所にも店が並んでます。

e0365654_20581553.jpg


e0365654_20583258.jpg

運河を巡る遊覧船も出てますよ。

e0365654_20583938.jpg

閘門の前で待機しています。

e0365654_20585762.jpg


[PR]
by sternenlied2 | 2017-09-18 00:11 | ちょっとお出かけ

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2