ブログトップ

木陰のアムゼル3号庵

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2

Zooにて ー シロクマさん

カナダのユーコンの風景を模した区画にいるシロクマさん。
気持ちの良い天気の為か、遊び心いっぱいのようでした。

e0365654_18573396.jpg

ポリ容器で遊んでるようでしたが、

e0365654_18574372.jpg

背を伸ばして、ポリ容器から飲もうとしていたり。

e0365654_18575112.jpg

どっぼ〜んと水の中に飛び込みましたよ。

e0365654_18585595.jpg


e0365654_18584925.jpg

水の中でなんか楽しそうですね。

e0365654_18583009.jpg

ブッハ〜と頭を出す。

e0365654_18583623.jpg

真下にやってきましたよ。

e0365654_18594307.jpg

それからはずっと端にいました。シロクマさんが水中にいる様子は下方にあるガラス張りの部屋からも見れるようになってました。

e0365654_18595594.jpg


e0365654_19000154.jpg

シロクマさんのお仲間は岩陰でぐっすり昼寝。

e0365654_19002942.jpg

スヤスヤとよく眠ってます。

e0365654_19004835.jpg

流氷に乗って旅してる夢でも見てるのかしらね。

e0365654_19005741.jpg

シロクマさんは人気者です。ここの動物園には他のクマはいませんでした。10年程前、ベルリンの動物園で母グマが育児放棄した為人工哺育されたシロクマのベイビーのクヌートが大人気になり、翌年にはニュールンベルクの動物園でもフロッケ(雪片という意味)というベイビーが人工哺育されて、シロクマベイビーのブームでしたね。最近は聞かなくなりましたが、あの頃ベイビーで人気者だったクヌートやフロッケは今頃どうしてるんだろうと調べてみたら、クヌートは2011年の3月に4歳で死亡してます。でもフロッケの方はまだ健在で、現在はフランスの動物園にいます。3年前には子供まで生まれてますよ。その子供にはホープという名前がつけられているようです。父親はロシアからやってきたラスプーチン(笑)という名前のシロクマだそうです。


[PR]
by sternenlied2 | 2017-09-27 00:02 | 鳥さん以外の生き物たち