朝の街灯

街灯大好き。

街灯の灯りを眺めていると、何ともいえない懐かしさを感じ、
色々な物語が展開するようなイメージが浮かび上がってきます。
近所のこんな何の変哲もない平凡な街灯でもね。

e0365654_16334602.jpg

そう言えば、昔の流行歌「リリー・マルレーン」でも歌詞に出てくる街灯が印象的なんですよね。日本で歌われていた歌詞はドイツ語の歌詞とは全く違っていて、街灯の存在感が薄いですけどね。あの歌では Laterne ラテルネ(街灯)が強調されなかったら、あの歌の情趣が半分無くなってしまうような気がするのですが。歌詞は5番までありますが、3番以外の歌詞には皆ラテルネ(街灯)が登場します。物悲しい歌詞の舞台で重要な小道具なんですよね。ラブ・ソングの中で二人の大切な待ち合わせ場所だったのですもの。ウィキにドイツ語の歌詞とその日本語訳が載ってます⇢リリー・マルレーン 
歌詞では兵営の前の街灯ですから、上にアップしてる写真の街灯とエライ雰囲気が違いますが、街灯といえば、このリリー・マルレーンの街灯を思い出してしまうのですよね。

その次に思い浮かぶのはイギリスの童話作家 C.S.ルイスのナルニア国物語シリーズの中の「ライオンと魔女」に出てくる街灯。その話の中で、大きな屋敷でかくれんぼ中に女の子が洋服ダンスの奥深くに入って行くと雪景色の森の中に出てしまうのですが、道を探してるうちに1本の街灯から放たれた灯りを見つけ、そこで腰から上は人間のようで下は山羊のようなフォーンに出会うのです。物語の中でも街灯は待ち合わせ場所の象徴的な不思議なムードを漂わせています。

[PR]
by sternenlied2 | 2017-11-21 00:09 | 街角

木陰のアムゼル3号庵にようこそ。長年ドイツで暮らしています。日常や旅の中で出会ったものたちに感謝を込めて。


by sternenlied2